お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

みんなは何を使ってる? 生理のときに飲む薬・5選

ファナティック

生理痛には個人差があると言われますが、どうしても我慢できないときは薬に頼って痛みをしのぐという人も多いのではないでしょうか。働く女性は生理痛がつらいとき、どのような薬を服用しているのでしょう。お気に入りの薬を挙げてもらいました。

<生理のときに飲む薬>

■バファリン

・「バファリン。効きが早いし、会社に配置薬として置いてあるから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「バファリンプレミアム。おなかにやさしくすぐに効く」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

胃に負担がかかりにくいことが特徴のバファリン。いろいろな種類があるし、手に入りやすく利便性が高いお薬ですね。

■ロキソニン

・「ロキソニン。友達が効くよと教えてくれてからはほぼそれを買っている」(24歳/その他/事務系専門職)

・「ロキソニン。一番痛みが抑えられる気がする」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

ドラッグストアでも手に入るロキソニン。友人に勧められて使っている人もいるようですね。

■イブ

・「イブ。昔からずっと飲んでいる。粒が大きすぎずちょうどよい」(34歳/建設・土木/その他)

・「イブ。なんとなく昔から買い続けているから」(33歳/不動産/専門職)

粒が大きすぎないイブは、錠剤が苦手な人には飲みやすそう。

■ナロンエース

・「ナロンエースが自分の体質に合っているので愛用しています」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「ナロンエース。それしか飲んだことがないから」(32歳/商社・卸/その他)

なじみ深いお薬として長年使っているという人も。むしろそれしか飲んだことがないという、愛用者もいました。

■セデス

・「セデス。ずっとこれを飲んでる」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

「痛くなったら、すぐセデス」というフレーズでお馴染みのセデス。さまざまな種類から自分に合った特性の製品を選べます。

<まとめ>

鎮痛剤には商品によってさまざまな特徴があります。一般的には「よく効く」「強い」と言われているお薬でも、体質によっては効果が薄い場合も。医師の処方がない市販薬なだけに、正しい情報を集めて、自分に合ったお薬を選びたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日~2016年9月7日
調査人数:114人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ