お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

無意識でも破壊力はバツグン!! 妊活中の女友だちを傷つけてしまった言葉4つ!

ファナティック

みなさんは、無意識のうちに友人や知り合いを傷つけてしまったことはありますか? 中には、妊活中の女友だちを、思わず傷つけてしまった……という人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、今までに妊活中の女友だちを意識せずに傷つけてしまったことついて聞いてみました。

■あり得ない!

・「『まだ子どもを作るとかあり得ない』、と言ってしまった」(23歳/建設・土木/技術職)

お友だちはまだ若かったのでしょうか。独身のうちにしておいたほうがいいこともありますが、本人が子どもを欲しがっているときには不適切な発言だったかもしれませんね。

■子どもの話にも注意

・「子どもができると、子ども中心になるから子どもの話をよくしていたが、それで傷つけてしまった」(32歳/金融・証券/専門職)

妊娠ができずに悩んでいる人の前で子どもの話をすると、これみよがしに自慢しているような印象に。子どもの話をする相手は選んだほうがよさそうです。

■妊活中の人に「妊娠したくない」はNG

・「妊娠したくないという自分の意思を大っぴらに言って」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

友だちが妊活中だと少し焦ってしまうのか、わざわざ言わなくてもいいのに自分は妊娠したくないと言ってしまうことも。妊娠したいかどうかはそれぞれですから、発言には気をつけたいですね。

■「子ども作らないの?」

・「不用意に『子ども作らないの?』と悪気なく言ってしまったから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

子どもがほしくてもできないから妊活しているのに、「子ども作らないの?」は無神経に思われてしも仕方がないですよね……。でも、相手が妊活中だとわからなければうっかり言ってしまいそうです。要注意です!

■まとめ

妊活中の女友だちを傷つけたと自覚のある人たちは、このようなエピソードを持っていたのですね。自分も同じようなことをしていないか注意しつつ、何か困っているようなときは進んで協力してあげられるといいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数136件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ