お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

もしやセカンド体質? 「遊び相手」止まりになってしまう女性の特徴5つ

ファナティック

すぐに浮気をされたり、真剣に付き合ってもらえない。男性から、いわゆる「遊び相手」として扱われる女性というのがいますよね。もちろん、男性にも責任がありますが、女性のほうにも男性にそう思わせる理由があるのでは? 今回は、女性が思う「遊び相手止まり」な女性の特徴について聞いてみました。

■彼に合わせすぎる

・「いいことばかり言う女性。ときにはきびしいことを言わなきゃいけないときもあるので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「彼氏に合わせすぎて都合がいい女になってしまっている」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「都合よく合わせてしまう女性」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

彼にきびしいことが言えなかったり、彼に言われるがままになってしまう。やさしいのではなく嫌われるのが怖くて、彼に合わせすぎる女性は都合のいい女としか思ってもらえなさそう。ワガママすぎるのもダメですが、しっかりと自己主張することも対等な付き合いをするためには大事なことですよね。

■言動が軽い

・「何か、本人も軽いとか、だらしないとか。お互い遊びなら問題ないと思われそうだから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「軽い女性。すぐ飽きられる」(23歳/その他/その他)

・「ノリで生きている。落ち着いた付き合いができないから」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)

女性自身、ノリが軽くて付き合うことを真剣に考えていなさそう。男性からすると適当な付き合いをしても許されそうな気になるのでしょうか。誰とでも気軽に付き合えて、落ち着いた付き合いのできない女性には、同じような考え方をする男性しか近寄って来なさそうですよね。

■将来のことを考えていない

・「結婚など、先のことを考えていない。考えていないので、遊びで終わる」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「家庭に入れなさそうな性格」(24歳/小売店/事務系専門職)

・「かわいいだけ、ノリがいいだけの子は、付き合うだけなら楽しくていいけれど、結婚など将来を考えるには物足りないと思う」(32歳/生保・損保/営業職)

結婚を考えるには将来設計ができそうな相手というのも大事な条件。付き合っている間は楽しそうでも結婚に向いていなさそうで、将来を考えていない女性だとその場限りの付き合いで終わってしまいますよね。しっかり将来を考えている女性だと、男性も安心して真剣な付き合いを考えられるのではないでしょうか。

■依存心が強い

・「自立心が低い人。長いこと依存されてもしんどいだろうし」(30歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

・「恋愛依存症の子。自分を持ってないと都合のいい女で終わりそう」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「依存心の強い人。多少雑に扱っても自分に好意があるから大丈夫だと相手に思わせてしまうから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

何でも彼に頼ってしまう自立できない女性をずっと支え続けるのかと思うと、男性も疲れてしまうかも。適度に甘えるのはいいとしても、彼にベッタリすぎると重い女と思われてしまいそう。ひとりの女性として自立できていなければ、真面目な恋愛の対象には思ってもらえないでしょうね。

■すぐに体を許す

・「すぐに体を許す人。『簡単でいいや』と思われたら本命にはなれないと思う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「すぐに体を許してしまう人。男性の気持ちがそこでストップして、それきりになりそうだから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「すぐに身体を許してしまう。ほかの人にもそうなんだろうなと思ってあまり大事にしようと思えないから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

体の関係からスタートする恋愛もあるとはいえ、すぐに体を許す女性は軽い女、適当に扱ってもいいと思う男性が少なくないのも事実。焦らすわけではありませんが、真剣に付き合いたいと思う相手なら体の関係になるまでに時間をかけたほうがいいかもしれませんね。

■まとめ

いつも2番手扱いされたり、彼に大事にされなかったりというのは女性として寂しいこと。でも、自分自身の行動がそうさせているとしたら、まずはそこを改めたほうがよさそう。もちろん、最初から遊び目的の男性を選ばないことも大事ですが、付き合っているうちに「適当に扱ってもいい相手」と思われないためには、自分を大事にする恋愛をすることも必要。自分を大事にできない人は、相手からも大事にされないですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです
※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日〜9月6日
調査人数:102人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ