お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

●●したい? 男性が、お泊まりデートでひそかに「楽しみにしていること」5つ

ファナティック

いつものデートより長い時間一緒にいられるお泊まりデート。特別な日として楽しみにしているという男性も多そうですよね。いろいろと気を使うこともあるけれど、それよりも多いお泊まりデートの楽しみ。今回は、男性たちがお泊まりデートで「ひそかに楽しみにしていること」について聞いてみました。

■彼女の日常を見ること

・「相手の食生活や、生活態度を垣間見ることができること。性格以上に、何気ない普段の暮らしで相性が合わないこともあるから」(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「パートナーの暮らし方や癖を見るのが新鮮で楽しい」(23歳/運輸・倉庫/その他)

デートで見られるのは、あくまでも彼女の一部。でも、お泊まりデートで彼女の部屋に行ったりするとどんな暮らし方をしているのか、どんな趣味があるのかなどインテリアや置いてあるものから感じ取ることもできそう。

■彼女のリラックスした姿を見ること

・「寝顔を見たり、普段見られないパジャマ姿が見られるころ」(31歳/食品・飲料/その他)

・「隙のある姿を見ること。楽しみというより人間観察的に」(35歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「寝顔。普段見せない顔があるから」(33歳/情報・IT/技術職)

バッチリメイクでおしゃれしている彼女も良いけれど、部屋着でリラックスしていたり無防備に寝ている彼女の姿を見るのも楽しみ。ほかの男性には見せない姿を見られているという優越感を感じられるし、自分の前で彼女がくつろいでくれるというだけでも信頼されている気がするのかもしれませんね。

■手料理が食べられること

・「翌朝起きたら朝ごはんを作ってくれること。洋食でも和食でもかまわない。ちょっとした新婚感覚が味わいたい」(33歳/情報・IT/技術職)

・「朝食を作ってもらうこと。自分より先に起きて朝食を作ってもらう」(25歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「彼女の手料理が食べたい。料理ができるとなおいい」(37歳/その他/その他)

お泊まりデートの翌朝、彼女が朝食を作っている気配で目が覚める。ちょっとした新婚気分を味わえる瞬間が楽しみだという男性もいるようです。簡単なものだとしても、がんばって早起きしてくれたこと、自分のためだけに料理してくれたということがかなりうれしいようですね。

■普段できない深い話をすること

・「夜に2人きりなので、昼間にはなかなかできないような深い話とか、寝転がったり楽な体勢で話すと、いろんなことが話せるし聞けると思う」(35歳/農林・水産/その他)

・「今までの思い出話やこれからのことについての話」(31歳/その他/その他)

・「飲んで語らうこと。本音で語り合えたら嬉しい」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

夜、のんびりとお酒を飲みながらリラックスできれば、いつもより深い話も自然にできそう。2人の将来についての話をしたいときにも、お泊まりデートはぴったりかも。普段は照れてしまって口にできないような愛情表現もお泊まりのときには素直に口にできるかもしれませんね。

■ただ一緒の時間を過ごすこと

・「行為よりも2人の時間を大切にしている」(39歳/医療・福祉/専門職)

・「2人で飲みながら映画を観たり、ダラダラすること」(31歳/自動車関連/技術職)

・「一緒の空間にいれるという楽しみ」(35歳/商社・卸/営業職)

お泊まりデートというだけで特別な時間。特に何かをするわけでなく2人で過ごす時間が最高の楽しみだという男性も多いようです。仕事が忙しくてなかなかデートの時間も取れないカップルは、たまにお泊まりデートの機会を作ってみるのもいいかもしれませんね。

■まとめ

お泊まりデートで男性が楽しみにしているいろいろなこと。もちろん、2人っきりで過ごせる時間なのでイチャイチャするというのもいいですがそれ以外にも楽しみ方は多いようですね。親密な関係にならないと実現しないお泊まりデートでは、今まで以上に2人の距離を縮めたいと思う男性も少なくなさそう。普段とはちがう恋人の姿、いつもよりも深い話。どれも、2人の仲をグッと近づけてくれそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日〜6日
調査人数:392人(22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ