お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

「月給」or「年収」! 女性が“夫”候補により求めるのは? 8割以上の回答は……

ファナティック

結婚相手にどのくらいの収入があるかというのは、正直な話かなり気になるポイント。結婚後の生活にも大きく影響する収入ですが、女性たちが気にしているのは「月給」? それとも「年収」? 今回は、結婚相手の収入で気になるのは「月給」と「年収」のどちらなのかについて聞いてみました。

Q.「月給」or「年収」、結婚相手の男性に対してより重視するのはどっち?

「月給」……19.6%
「年収」……80.4%

<「月給」と答えた女性意見>

■月々が安定しているほうがいい

・「月給が安く、その分をボーナスで補っている状態だと、今後景気や会社の業績が悪くなったときにボーナスが削られて打撃を受けやすいから」(32歳/生保・損保/営業職)

・「毎月安定した収入があることのほうが大事だから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「毎月の予算をちゃんと立てたいから」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

毎月、安定した収入があるかどうかを知れば生活スタイルを決めるときにも役に立つし、月給の範囲内で生活できればそれ以外の臨時収入は余裕のあるお金として貯金などにも回せそう。景気に左右されるボーナスなどを当てにしないという意味では堅実な考え方かもしれませんね。

■月給のほうが、生活水準をイメージしやすい

・「月給のほうがわかりやすいし、生活していく上で意識するのは月給だと思うので」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「生活水準をなんとなくイメージしやすい感じがするから」(33歳/不動産/専門職)

月給のほうが月々の生活費を具体的にイメージしやすい、と考える女性の意見です。たしかに年収だと、1カ月にどのくらい使っていいのか意識しづらいかも。

<「年収」と答えた女性意見>

■ボーナスにも期待したい

・「ボーナスがあるとないとで年収が大きく変わるから」(31歳/医薬品・化粧品/その他)

・「ボーナスが出るかどうかも大事なので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「ボーナスも期待しているから」(32歳/金融・証券/専門職)

ボーナスがきちんと制度化されている会社ならボーナスにも期待したいので、年収のほうが気になるという女性も多いようです。多少、支給額の変更はあるにしてもやはり月々の収入以外にボーナスがあるかないかとでは、一年単位での収入にも大きな差がありますものね。

■長い目で見たい

・「結婚は長い間一緒に生活するので、月単位よりも年単位を元にして考えたいから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「トータルバランスが大事」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「1年単位でお金の流れを考えるから」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

結婚生活では目先のことだけを考えるわけにはいかないので、長い目でライフプランを立てるためにも年収のほうが重要だという意見もあるようです。月給はそれほどでなくてもトータルでのバランスが取れていれば、将来に備えた貯金もしっかりできそう。年収を12分割して考えれば、月単位どのくらい使えるかもわかりますしね。

■総合判断するなら年収

・「毎月の給与より年単位のほうが重要だと思うから」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「年収はボーナスも入っているので総合的な判断に貢献するので」(30歳/商社・卸/営業職)

ボーナスが入った年収は、結婚をする上で大切な判断材料になるという女性の意見です。たしかに月給よりも年収で話をするほうが、結婚相手の判断材料としては明快かもしれません。

<まとめ>

臨時収入まで見越して生活設計をするのか、それとも確実に入ってくるとわかっているお金だけしか考えないのか。どちらの意見も納得できます。あなたなら、どちらをより重視しますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日〜6日
調査日時:102人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ