お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

おい、ウソだろ!? 彼女と初めてお風呂に入って驚いたこと4選

ファナティック

恋人と一緒にお風呂に入る、それは明るいところで自分の裸を見られてしまう緊張感もありますが、それ以上に相手の体に対して好奇心がわいてくるという人もいるのではないでしょうか。では男性は、彼女の実態を目の当たりにしたとき、どんなことに驚いたのでしょう。働く男性の経験談を見てみましょう。

■習慣の違いを実感

・「お風呂の中で相手が歯みがきをされたとき。外でしないのか? 寒くないのか?と思う」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「脚から洗い始めること。普通上から下に行くと思うので」(33歳/商社・卸/営業職)

育ってきた環境がちがえば、お風呂の習慣もちがうもの。自分では当たり前に思っていることも、彼女からすれば「なぜ歯を磨かないの?」「なぜ脚から洗わないの?」と疑問に思ったことでしょう。

■コーフンしちゃう!

・「思ってたより胸でかいな。こりゃびっくり」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「きれいさ。水を浴びるとさらに際立って驚いた」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

服の上から見て想像していた体とは、いい意味でちがっていて驚いたという人も。想像以上に美しい彼女の体に、思わず興奮してしまったのでは? 自分だけが知っている秘密を得たようで、ちょっとうれしい気持ちになりますね。

■女子のお風呂が長い理由

・「脇毛や腕の毛を剃っていたこと」(38歳/金融・証券/営業職)

・「頭や髪を洗う時間が長いことに驚いた」(29歳/自動車関連/技術職)

男性からは批判的な声が多い女子の長風呂。一緒に入ることによって、長風呂になる理由がわかるかもしれません。ただダラダラと湯船につかっているわけではないのです。女子のバスタイムは何かと忙しいのです。

■やっぱり目がいってしまうアノ部分

・「下の毛をきれいにカットしてあって、逆に引いた」(33歳/電気/技術職)

・「思ったよりも下の毛が濃い事に気づいた」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

そんなところ、できれば見てほしくないという声も聞こえてきそうですが、浴室が明るい以上、どうしてもアンダーヘアが気になってしまうという男性も多いようです。どんな理想を抱いていたかわかりませんが「ま、こんなもんだよ」と軽く流したいところです。

■まとめ

初めて恋人と一緒にお風呂に入るときは、新しい発見の連続です。それは同時に、ほかの男性は知りえないことを、自分は知っているということでもあります。男性が理想とする裸体に近づくのはどんなに努力をしても限度があります。想像とちがっていたからといって引かずに、温かく見守ってほしいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ