お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

捕まえたっ! 「私って、オトコを見る目があるな」と思う瞬間5選

魅力的なオトコを捕まえるためには、何よりも「相手を見極める目」が重要なポイントです。イケメンだけに釣られていてはダメ! 大切なのは「中身」ですよね。交際前に判断するのは難しいところですが、それができる女性こそが「オトコを見る目がある」ということなのでしょう。女性のみんなが「私ってオトコを見る目あるな」と思った瞬間について、赤裸々に語っていただきました。

■あげまん

・「付き合った男性が出世したとき。仕事できる男性を選べたなと思えるから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「大学から付き合ってる彼氏がJR東海に入社したとき」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

付き合っている男性が出世の道をたどっていくと、その将来性を見抜いた自分に惚れ惚れする女性が多いようです。彼ががんばれるのは、きっと彼女のためでもあるはず。「オトコを見る目」とともに、「オトコを成長させる力」もすぐれていると言えそうです。

■お墨付き

・「第三者に紹介したときに、第三者からの評判がいい」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「いつも友だちから『いい人捕まえるね』と言われるから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

自分が好きになって選んだ男性のこと。心の底から冷静に見極めることは、難しいかもしれませんね。こんなときには、信頼できる第三者のお墨付きをもらいましょう! 男女問わずさまざまな人に褒められたら、自信も持てますよね。

■今が幸せ

・「彼氏が誕生日に手作りの料理を作ってくれたとき。思いやりに感動したから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「今の彼氏はやさしいし、ダメなところはちゃんと叱ってくれる人だから」(24歳/その他/事務系専門職)

今付き合っている彼氏を自慢する、ラブラブな意見も多数ありました! 彼氏のやさしさに触れた瞬間、自分の選択が間違っていなかったことを確信する女性たち。こんな感覚を深め、いずれ「結婚」へとたどり着けたら……最高に幸せです!

■別れたあとに

・「振った男がニートになった」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

大切な時間をムダにしないためには、ダメなオトコを瞬時に見抜き、次へと移る決断力も必要となります。元カレの近況を聞き、自分の判断が間違っていなかったことを確信する女性もいるようですよ。

■本当に「見る目」アリ?

・「ダメ男を好きになることが多いけど、テレビで見るほどのダメ男ではないこと」(34歳/金融・証券/専門職)

・「まわりの悲惨な彼氏の話を聞いたとき」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

周囲の話を聞いて「あぁ、自分はまだマシ」と感じる気持ち、よくわかります! しかしそれは、あくまでも「マシ」というだけであり、「見る目がある」とはちがうのかも……!? 誰かと比較するのではなく、まずは自分自身の状況を冷静に判断することから、「見る目」を養う一歩がスタートするのかもしれませんよ。

■まとめ

ズバリあなたには「オトコを見る目」がありますか? みんなの赤裸々な意見に「なるほど!」と思ったら、ぜひこれまでの自分の恋愛についても考えてみて。まず「見る目」を育てることから、幸せな恋をはじめられるといいですね。

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月29日~2016年9月5日
調査人数:107人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]