お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

【既婚男女が贈る】婚活をがんばる男性へのアドバイス4つ!

ファナティック

初婚年齢が上がっている今、男性はあまり結婚について焦っているように見えませんよね。でも中には婚活をがんばっている男性もいるはず。そこで今回は「婚活をがんばる男性へのアドバイス」として、既婚者のみなさんの意見を集めてみました。

<女性の意見>

■見た目や年齢だけで判断しないで!

・「外見で決めないこと。女性は表と裏の顔が必ずあるので、それを見抜く力をつけること」(34歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「女性の容姿や年齢ばかり気にしないで、気楽にいろいろな人と会話からはじめてみればいいと思います」(32歳女性/医療・福祉/技術職)
・「女性を見た目で判断しないこと。きれいにしていても、部屋は汚く片付けができなかったり、家事ができなかったりする」(28歳女性/その他/その他)

女性からは「容姿や年齢だけで見るのは危険」というアドバイスがありました。外見がきれいでも裏の顔があったり、家事ができなかったりする女性はいるので、男性はそれを見抜く力をつけたほうが良さそうです。

■家事はできたほうがいい!

・「仕事も大変かもしれないけど、家事も少しはできるようになっておくべき」(28歳女性/その他/その他)
・「女は家事をするものという考えをしているのは良くない。自分もできるとこをやっていこうと思ってほしい」(31歳女性/電機/その他)
・「今の時代稼ぎが良くないと、共働きとなり、家事や育児の分担は当たり前だという前提は知っておいたほうがいいと思います」(31歳女性/団体・公益法人・官公庁/技術職)

「結婚したら家事は女性に任せたい」と思う男性は多いかもしれませんが、「家事はできるようになっておいたほうがいい」というアドバイスも。男性が家事や育児に協力的だと、それだけで株が上がりますよね。

<男性の意見>

■自分を磨け!

・「自分を磨くこと。どんなことがあっても責任を全うできるようになっておくこと」(29歳男性/医療・福祉/専門職)
・「自分をもっと磨こう。自分中心ではなく相手のことを思いやる気持ちが大事です」(32歳男性/運輸・倉庫/その他)
・「職業を武器にしても近寄らないなら、内面を磨いて、魅力的になってほしい」(34歳男性/団体・公益法人・官公庁/技術職)

同性である男性からは「自分をもっと磨け!」というアドバイスがありました。結婚生活は夫婦2人で作っていくものなので、相手に対する思いやりは必須ですよね。外見よりも中身のほうが大事です。

■素の自分を見せておけ!

・「見栄を張らずにありのままの自分を見せてほしい」(33歳男性/金融・証券/営業職)
・「いい顔ばかり女性に見せない。結婚したら化けの皮は簡単にはがれます」(31歳男性/運輸・倉庫/その他)
・「自分を出したほうがいい。合わせて合わせてでは結婚した後が大変。結婚はゴールじゃない」(32歳男性/学校・教育関連/その他)

「見栄を張らずに素の自分を出したほうがいい」というアドバイスも。女性に対していいところばかりを見せていると、いつかボロが出てしまいますよね。「結婚はゴールじゃない」という言葉には、ハッとさせられます。

■まとめ

「婚活をがんばる男性へのアドバイス」として、女性からは「外見で判断しないこと」、男性からは「見栄を張らずに自分を出すこと」などがありました。特に男性からのアドバイスは、同性ということもあってリアリティーがあります。結婚相手は外見ではなく内面の良さが大事、というのは、男性も女性も同じようですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数女性204件男性188件(22歳~38歳の働く男女)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ