お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

男性が実はムリして行っているデートスポット4つ

ファナティック

自分が行きたい場所にデートへ誘ったとき、男性の「なんとなく乗り気じゃない様子」をうっすら感じたことありませんか? そこで社会人男性に「女性は好きだけど、実はあまり行きたくないデートスポット」について聞いてみました。

■オシャレなカフェや人気店は、実は行きたくない

・「おしゃれなカフェなど。明らかに女性をターゲットにしたもの。女性はいいかもしれないけど、男としてはちょっと行くのは恥ずかしい」(32歳/商社・卸/営業職)

・「スイーツの人気店~店に入る頃もう気持ちは切れている」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「お店のメニューが全てものすごく甘いものしかないなど、選択肢がそもそもないような場所やプランは逃げ場がないので困る」(34歳/その他/その他)

男性が実は苦手と感じているが、女性に人気のカフェやスイーツ店。行列に並んでいる間も大変ですが店に入っても食べたいものがなく、周囲からの視線も気になり「逃げ場がなくなりやすい」とか。この場所に楽しそうに付き合ってくれる彼氏は、かなりいい人だった!?

■女性の買い物に付き合うのは大変

・「特に買うものが決まっていないときに行くショッピングモール。少しだけと言っても長時間になってしまうから」(30歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「買い物。女性の買い物は長くて待たされる上に、荷物も当然のようにたくさん持たなくてはいけないから」(36歳/通信/事務系専門職)

・「洋服の買い物などデートプランは疲れることと余計な出費がかさむので、あまり好きではありません」(37歳/情報・IT/技術職)

興味があるジャンルなら一緒に楽しめても、女性のファッションや雑貨などは男性にとって「興味がないジャンル」なことが多いですよね。そのため女性の買い物に付き合わされるのは、男性にとって苦痛なことが多いとか……。

■遊園地は体力的・精神的にきつい場所?

・「キャラクターが歩いているようなテーマパークだと、キャラクターにどう接していいかわからなくなる」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「遊園地。待ち時間等がしんどい。常にフォローし続けなきゃならない環境できつい」(39歳/機械・精密機器/技術職)

遊園地なら男性も喜んでくれるかと思いきや、キャラクター多めの遊園地だったり、行列必死な人気遊園地だったりすると精神的・体力的に追い込まれてしまうことも多いよう。デートで行くなら、人が少なくストレスフリーな遊園地を選ぶといいかもしれません。

■高級レストランは財布が痛くて行きたくない!

・「おしゃれな高級レストランや高級なバー。安いところでいいと思ってしまう」(32歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

・「高級レストランのディナー。ドレスコードなどの制約や何より費用」(37歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

カップルのイベントごとで鉄板なデートスポットといえば高級レストラン。ただここも男性にとって財布が痛くて、心から楽しめる場所とは言えないよう。ドレスコードやマナーなど制約も多く、財布も痛くてせっかくの味もわからなくなりそう?

女性の考える「デートに最高の場所」は、男性の思うそれとは大きな違いがあるよう。男女の好みが異なる以上2人が楽しめる場所を探すのは至難な業。デート先はどちらか一方の好みではなく、交互に行きたい場所を選ぶといいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数402件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ