お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ダメな人ばかり好きになってしまう」「ダメだとわかっていても別れられない」とダメ男からなかなか離れることができずに悶々としている読者もいるのでは? そこで、ブログやtwitterで人気のDJあおいさんがウーマン読者に恋のアドバイス。イラストレーターのつぼゆりさんとともに「ダメ男」から脱出する“お知恵”を授けます。
コラム カップル

【ダメ男バスターズ】stage12:自分語り男子

DJあおい

ブログ「DJあおいのお手をはいしゃく」やtwitterで突き刺さりまくる恋愛アドバイスをつづり、迷える女子を日々救っている“謎の主婦”・DJあおいさんが「マイナビウーマン」についに“ご降臨”。前回の連載「狙った男の落とし方」に引き続き、今回はイラストレーターのつぼゆりさんとともに「ダメ男をバスターする(追い払う)」お知恵を授けます。今回で「ダメ男バスターズ」は最終回。最後のテーマは“自分語り男子”です。

DJあおい(以下、「あ」)「自分語りって何歳から許されるんだろうね」
ツボユリ(以下、「ツ」)「自分語りですか……20代は無理そうですね」
「いや30代でも無理でしょ」
「今回はそういうダメ男なんですか??」
「うん。自分の考えを押しつけてくる系のメンズだね」
「上から目線ってホント嫌ですよね」
「いい気はしないよね」
「せめて横から目線になってほしいもんですよ」
「嫌じゃない?? なんかこう……黒目がグリッとこっちむいてる感じしない??」
「……本当だ、怖いですね。横から目線」
「監視されてる感じがハンパないよね」
「ねちっこそう」
「束縛強そう」
「やだあ……今回そういうイラストにしていいですか?」
「話の軸ブレないならいいよ」

~今回のダメ男様~

■自分語り男子

 

生態:キャバクラ
得技:説教
弱点:感情で言ってくる人
好物:素直で聞き上手の人

■攻略法

自己愛の強い否定癖おじさんタイプ

自分を愛しているおじさんタイプだよ」
「つらい」
根っから悪い人って訳じゃないんだけど、語りたがるよね」
「いますよね、なんでそうなっちゃうんですか??」
ある種の成功体験があるんでしょうね」
「成功体験……」
「キャバクラとかで、自分語りをして『スゴーイ!!』とか言われちゃって調子にのっちゃったんでしょ」
「お世辞ってのをわからないんですね」
「そう。素直な人なんだよね。それ故にちょっと煙たがれる。そして言うことがすべてつまらない……」
「攻撃してやろうとまでは思いませんが、かかわりたくないタイプですね」
「今までの成功体験で”これでいいんだ!!”ってなってるから、誰にでもどこででも説教しだす
「すごい嫌だ……もうおじさんに片足突っ込んでますね」
「両足突っ込んでるよ」
「いや、待ってください……このおじさん、肩まで浸かってますよ!!!!」
「まさか……そんな!!」
「おじさん!! おじさんしっかり!! ……ダメだ、のぼせてます」
「あんなに自分語りに浸りすぎるなって言ったのに……」
「引き上げますよ、ウワッ熱ッ」
「ツボユリ!!!!」
「クソッ……重い!!!!」
「早くそのおじさんを離しなさい!!!! もうそれは手遅れだよ」
「でも……!!」
「そんなに浸かったらもう……」
「うッ……、バイバイおじさん……I will never forget.」

見かけが悪いから中身があるアピールをする

「このタイプは見かけが悪い人が多いんだよね」
「見かけが悪くて説教するなんかヤゴのほうがマシですね」
「ヤゴ」
「そんなに説教することがどこにあるんだろうか」
「いや言ってることはほぼ同じことだったりするから」
「えっ!! 同じことなんですか!?!?」
あ「うん。ほぼまとめたら3行だよ」
「さ、3行……!!」
「本人は気がついてないけどね」
「そこがおじさんだよな」
「そうだね。精神論の昭和タイプだしね」
「すごい嫌だよ……このタイプがダメ男なのはわかるんですが、これに引っかかる女性ってどんな人なんですか??」
「まぁ素直な若い女の子だよね」
「おいおい、最高なタイプが引っかかっちゃってるじゃないですか……!!」
「そうなんだよ。素直な子が引っかかりやすいよね。自分の考えを年上の人から『これはこうしないとダメだよ』とか言われると、『そうなんだ!!』って簡単に信頼しちゃう」
「危ないよ、危ないよぉ!!!!」
「そうそう。それでおじさんは調子にのって、もっと説教をはじめる」
「嫌だなあ、おじさん。その点ヤゴはいいですよね。説教しないし」
「ヤゴ」
「なんでおじさんはそんな自信満々に説教できるんですかね」
ヤンキーあがりが多いんだよ。いろいろ経験してきた俺。みたいな」
「ああ~なるほど。それに比べてヤゴはトンボになるのが美点ですよね」
「いいよ。ヤゴは」
「成長したら飛んでくじゃないですか彼らは。でもおじさんは」
「おじさんはその場に残るもんね」
「本当ですよ。いつまでも浸かってるし」
「隣でヤゴがトンボになるのを見送るんだね」
「そこでなんで”自分も飛ばなきゃ!!”って思わないんですかね」
「ヤゴじゃないから……じゃない??」
「ヤゴじゃ……ない……!?!?」
「ヤゴじゃないよ」

DJあおいのダメ男に捕まらないお知恵

このタイプには感情論で反論することです」
「感情論!? 負けそうじゃないですか」
「いや、このタイプは精神論だけでやってきてるから、そういうこと言われると返し方がわからないんだよ」
「そうか!! 逆におじさんの知らない領域ってことなんですね」
「そうそう。おじさんに合わせないことが大切なんだよ」
「なるほど」
1回でも従うと調子に乗るからね」
「泣いてブチぎれればいいのか」
「極端だね。まぁまちがってないけど」
「感情を知らないなんて、おじさん……ちょっとかわいそう」
「はいダメ!!!!」
「えっ!! なんでですか??」
「かわいそうって思ったら、それこそおじさんの思うツボだよ」
「はっ!! 私としたことが……」
「ダメだよ。もっとおじさんに攻撃的にならなきゃ」
「おじさん……すぐつけこんできて……怖い!!」
根っから悪いタイプじゃないってのが避けづらいとこではあるよね」
「水中だとさらに奴らの勝利ですよ……そもそも足の数がちがいますから」
「ヤゴじゃないよ」
「えっ??」
「ヤゴじゃないよ。おじさん」
「じゃあ一体いままで何の会話を……??」
「ダメ男だよ」
「それ……ヤゴじゃないじゃないですか!!!!」
「ヤゴじゃないよ」

★「ダメ男バスターズ」は、これを以って終了となります。ご愛読ありがとうございました!

 (イラスト:つぼゆり)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ