お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

生理中、彼氏としておくべき5つの約束

生理中はいつもより体調も悪く、自分の気持ちもコントロールが難しくなるもの。彼氏に理解を深めてもらうためにも、生理中はこうしてほしいなどの約束をしておくのが理想的かもしれません。女性のみなさんは、彼氏と生理中に約束していることはありますか? 働く女性たちに「生理中、彼氏としておくべき約束」について教えてもらいました。

■1.イライラしても流して

・「イライラしていても、適度に流してほしい」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「イライラしていても気にしないでもらう」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「イライラしても許して!」(24歳/電機/営業職)

生理中は精神的に不安的になり、イライラしてしまうことも多いですよね。それも理由があるわけでもないからこそ、自身でのコントロールは難しいもの。生理中はワケもなくイライラしてしまうという女性の実態を、彼にもわかっていてもらいたいですよね。

■2.デート中、歩きまわらないで

・「あまりアクティブに動かないこと」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「しんどいので、できるだけ歩いたりしないように気を遣ってほしいと約束している。休み休み遊ぶことで、ストレスもたまらないから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

生理痛のこともありますし、経血の漏れも心配になりますよね。歩きまわったり、体をアクティブに動かしたりするようなことは避けてもらいたいところ。生理中はお家でゆっくりDVDを見るなど、体調に合わせたデートをお願いできるといいかもしれませんよ。

■3.そっとしておいて

・「追い詰めるようなことを言わないこと。そっとしておいてもらえるのが一番いい」(33歳/不動産/専門職)

・「むやみに構わない。放っておく。イライラしてケンカになるのは面倒」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

体調もあまりよくないですし、精神状態もあまりよくないですから、そっとしておいてほしいというのが、多くの女性の思いではないでしょうか。構われると、ケンカになってしまうこともありそうです。

■4.行為はしないで

・「行為はしない。生理痛がひどく、精神的にもまいっているから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「エッチできないことを知らせておくこと。知らなかったらかわいそうと思うから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「生理中にエッチできなくても文句は言わないこと。文句言われたらムカつくので」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

生理中の行為は普段よりもデリケートになっているため、気持ちが乗らない女性も多いはず。そんな女性のセンシティブな感情になかなか気づけない男性もいるので、あらかじめこれも約束しておくといいかもしれません。

■5.なるべく連絡しないで

・「イライラしてやつあたりしそうなので、なるべく連絡しない」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「イライラするのであまり連絡しない」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

イライラで意味もなく八つ当たりしたり、ケンカになってしまったりすることもありますよね。できれば、生理が終わるまではなるべく連絡を取らないようにするのが、一番なのかも!?

<まとめ>

生理中は精神が不安定であったり、体調が悪かったりと、いつもと同じではいられないですよね。イライラして彼とケンカになってしまわないためには、2人の間で約束事を決めておくのも必要なのではないでしょうか。「これはしないでね!」と、いくつか約束しておけば揉めることもなく、仲よく過ごすことができそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月29日~2016年9月6日
調査人数:107人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]