お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

えっ、こんなところで……? ふいにキスされて「ドキドキした場所」5選

ファナティック

恋人同士の思いを高めてくれる「キス」ですが、あなたは過去、どんな場所でしたことがありますか? シチュエーションや場所によっては、ドキドキ感も大幅アップ! 二人にとって、忘れがたい思い出になるのかもしれませんね。女性のみなさんに、「え? こんなところで?」と思わずドキッとしたキスの経験について、赤裸々に語ってもらいました。

■駅や電車で

・「駅のホーム。デートの帰りに見送られる中でされました」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「電車。向かいに座っている人に見られて少し恥ずかしかったです」(30歳/医療・福祉/専門職)

人目は避けられませんが、意外とみんな経験しているのが「駅でのキス」と言えそうです。別れるのが名残惜しくてのキスだけでなく、人目もはばからず移動中にキスした女性も多数。目撃者にとっても、ドキッとしてしまう瞬間です。

■車の中で

・「家の前に車を止めてそこで。誰かに見られそうでドキドキしたから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「駐車場の車内で。外で家族連れに見られた」(33歳/医薬品・化粧品/その他)

電車とはちがい、いつでも「二人きりの個室」と言える車内ですが、実際には外からも丸見え。特に自宅周辺での車内キスは、知人や家族に目撃される可能性も大ですよ。

■エレベーター内で

・「エレベーターの中。いつ開くかわからなくてドキドキした」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「エレベーターの中。監視カメラが付いていると思うので、とても恥ずかしかったから」(32歳/金融・証券/専門職)

こんな意見も目立ちました。二人きりになった瞬間に気持ちが盛り上がるのもわかりますが、「軽くチュッ」くらいでとどめておきましょう。実際に、「突然開いて気まずい……」なんて経験がある方も多いのでは?

■会社にて

・「社内恋愛をしていたときに、オフィスの死角で」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「会社の給湯室。誰かに見られたらどうしようと思った」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

こちらは社内恋愛ならではのドキドキ感ですね。もしも目撃されてしまったら、一瞬でうわさが広まってしまいます! そんなスリルも、二人の恋心を高める一因になっているのでしょう。

■遊びや趣味の最中に

・「遊園地のジェットコースターで乗りながらキスされてドキドキした」(30歳/商社・卸/販売職・サービス系)

・「映画館で鑑賞中にされたキスはドキッとした」(32歳/自動車関連/技術職)

・「山に登って、その頂上で。誰かくるかもしれないしドキドキした。でも頂上に登った開放感からのってしまった」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

さらに意外な場所でのキスを挙げる意見もチラホラありました。二人の趣味に絡めることで、より一層思い出に残るキスになりそうですね。

■まとめ

あなたはこんなキスが好きですか? それとも嫌いですか? 大人になれば、相応の慎みも求められるもの。ドキドキ感に病みつきになってしまう気持ちもわかりますが、「いつ誰に見られるかわからない」というリスクについても、考えておくべきかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月30日~9月6日
調査人数:103人(22歳~34歳の女性)

みんなが読んでる人気記事 婚活