お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第15話 大輔

庄司大輔
0X0−XXXX−XXXX

表示された名前に手が震える。
なぜ今頃? あの日、言い訳もしてくれなかったのに。

電話を取れば、謝罪の言葉が聞けるのだろうか。
それとも、やり直したいって言われるのだろうか。
そうじゃなくて、もしかしたら、
完全なお別れの言葉かもしれない……。

大輔から謝られたら、許したい。
1度ぐらいの浮気ならやりなおせるかもしれない。
たぶん、わたし、そんな淡い期待を抱いていた。
婚活、婚活、と騒ぎながらも。

コール20回ぐらいで着信が終わり、
留守番電話に切り替わる。

彼はなんてメッセージを残したんだろう。
画面に残されたアイコンを延々と見つめてしまう。

気になる。聞こうか。
でも、もし悪い方の想像が当たっていたら、
耐えきれず泣いてしまうかも。
そうしたら、このレクリエーションの雰囲気を
壊してしまう。

動くことができずに画面を見続けていると、
再びわたしの手の中でスマホが震えた。

お役立ち情報[PR]