お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊婦・ママ全般

夫が妻に対して「諦めてること」TOP7 「身体の関係」ほか

フォルサ

夫が妻に対して諦めてることベスト7

生活をともにしていると、願望や不満を持っていても、相手にぶつけることなく「仕方ない」と諦めていることも多いのではないでしょうか。妻に対して諦めていることについて、既婚男性のみなさんにたずねてみました。

■性格

・「時々、キーッと感情的になること」(35歳/その他/その他)

・「気の短さ。すぐに怒り、決して自分からは謝らない点」(33歳/電機/技術職)

・「性格的なところ、自分の考えがすべて正しいと思っているところ。こちらの考えを決めつけるところ」(32歳/電機/その他)

・「割と性格が天然なので、これは後天的に治るものではない」(35歳/商社・卸/事務系専門職)

性格ばかりは、なかなか変えられるものではありませんね。それため、諦めるしかないと感じる場合が多いのでしょう。特に、怒りっぽさについての指摘が多く聞かれました。

■容姿

・「結婚した時よりもだんだん太ってきていること」(35歳/機械・精密機器/技術職)

・「太っていて、痩せる気が全然見られない」(35歳/電機/技術職)

・「見た目が年々悪くなるような気がしている」(35歳/機械・精密機器/技術職)

・「顔と若さ!!!」(35歳/機械・精密機器/その他)

「性格」の次に多かったのが「容姿」に関する声です。中でも、太ってしまった妻への残念さがにじむものが目立ちました。「諦めている」とは言うものの、やはりその心の底には、「妻にはいつまでもきれいでいてほしい」という願いが見てとれます。

■金銭感覚

・「金遣いが荒い。なんとか収入を確保することだけを考えている」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ケチすぎること。節約が趣味で気を使う」(33歳/医療・福祉/専門職)

金銭感覚も人それぞれで、性格と同様に変えにくいものですね。金遣いが荒くても、反対に節約が過ぎても、夫にとっては不満のたねとなりますが、変わらないと諦めているようです。

■片づけ・掃除

・「片付けできない。台所から目をはなすとカビが生えてる」(34歳/その他/その他)

・「収納がうまくなく、すぐに部屋が物で散乱すること」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「大ざっぱで、掃除などが適当なところ」(34歳/その他/その他)

家事の中でも特に、片づけや掃除についての声が集まりました。男性は意外にきれい好き!?

■夫婦関係

・「生活はすべて子どもが中心になっていること。夫婦の時間は諦めている」(32歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「身体の関係を本当は求めたいが、諦めている」(32歳/運輸・倉庫/その他)

仕事や子育てで忙しく、夫に向けるエネルギーが残っていない妻も多いことでしょう。夫婦2人の時間やスキンシップはほしいけれど、仕方ないと諦めているようですね。

■自分の親との関係

・「嫁しゅうとめ問題に関してはもうどうしようもないと感じる」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「夫の両親との同居」(31歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

今も昔も、嫁しゅうとめ問題はやっかいですね。男性のみなさんには、間に入って上手に収めていただきたいものです。

■手料理

・「おいしくてバランスのいい食事は正直少しあきらめています」(34歳/その他/その他)

・「料理の品数が少ないことはあきらめている」(29歳/不動産/営業職)

料理は、忙しい妻にとって負担になる場合が多いもの。苦手な人にとってはなおさらです。夫としては、不満は感じても諦めているようです。

■まとめ

夫が妻に諦めていることとしては、「性格」に関することがもっとも多く、次に「容姿」が続きました。諦めているということは、そのまま不満や願望があるということでもあり、興味深い結果が出ました。簡単には直せないとなれば、諦めることが夫婦円満の秘訣かもしれません。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日~9月3日
調査人数:207人(22歳~34歳の男性)
※画像はイメージです

(フォルサ/佐上ひさ子)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ