お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

これをしたら一発アウト! 女性から「育ちが悪い」認定されるポイント3

ファナティック

本人は意識せずとも周囲から「育ちが悪い」と見られてしまう言動ってありますよね。表面的に取り繕おうとしても、どうしてもにじみ出てしまう育ちの悪さというのは、行動のどんな部分に現れるのでしょうか? 今回は女性が思う「育ちが悪い男」の特徴について聞いてみました。

■食事マナーが悪い

・「食べ方が汚い人。こぼしていたり、カチャカチャ食器をいわせたり、くちゃくちゃかんだりと、食事のマナーがなってない人」(24歳/農林・水産/事務系専門職)

・「箸がきちんと使えない人。親から基本的なことも教えを受けてないと思ってしまうから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「食事のマナーが悪い、くちゃくちゃ音を立てて食べる、食べカスを散らかす、好き嫌いが多すぎる、ジャンクフードばかり食べてる、朝食を食べる習慣がない。育ちが悪いと思える人に共通することは食生活がひどいこと」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

子どものころに親からきちんとしつけされていれば自然と身につく食事のマナー。箸使いが下手すぎたり、クチャクチャと音をさせながら食べたりというのは、一緒に食事をするのも嫌になるほどの不快感を感じるものですが、育ちの悪さの象徴にもなるようですね。

■言葉遣いが汚い

・「言葉遣いが汚い人。公共の場で、『クソ』や『ヤベェ』などと汚い言葉を使っていると、育ちが悪いんだろうなと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「敬語がちゃんと使えない人。どういう教育して大人になったんだかって思う」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「言葉遣いが悪い。汚い言葉を使う」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

相手の年齢や立場、自分との関係などに応じて話し方を変えるというのは、社会人としての常識。敬語がきちんと使えなかったり、乱暴な言葉遣いをする人は今までに注意してくれる人がいなかったのかと思ってしまいそう。いくら見た目がカッコ良くてもこういう男性には魅力を感じませんよね。

■あいさつやお礼が言えない

・「あいさつやありがとうなどをあまり言わない」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「あいさつができない人。いただきますなども言えない人」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「ありがとうやごめんなさいが言えない」(34歳/医療・福祉/専門職)

何かをしてもらったときにはお礼を言う、悪いことをしたときには謝罪をする。小さな子どもでもできることが大人になってもできないというのは情けない限り。まわりの大人に教わらなかったのかと思うと、あまりいい環境で育ったとは考えづらいですよね。

■まとめ

子どものころのしつけやまわりの環境に大きく左右される言葉遣いや日常的な言動。ダメなことをしたときにきちんと正してくれる大人が周囲にいれば、自然と治っていくはずなのに大人になってもそのままというのは、しっかりとした教育を受けていない印象ですよね。学校の勉強ができるというのとはちがう人としての教育。その人自身の印象を大きく変える部分なので、育ちが悪いと思われるような言動は慎みたいものですよね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月12日〜8月15日
調査人数:101人(22歳〜34歳の女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ