お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 節約・貯金

「あれ!? コイツお金持ってないな」と感じる男性の言動

普段から口癖のように、お金がないと言っている男性もいますが、本当かどうか疑わしいものです。また、お金のことは、はっきり口に出しづらいことですが、会話や行動から中、もしかしたらお金がないのかなと察することもありますよね。25歳から35歳までの働く女性に、そんな風に感じさせる男性の言動について聞いてみました。

■何気にアピール

・「冗談ぽくは言っているが、『おごって』アピールが頻繁な人」(27歳/情報・IT /営業職)

・「『今日の飲み会や打ち上げっていくらくらいかかるなぁ?』と相談されたとき」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「外食をなんとなく避ける話し方をする時だと思いました。特にデートの時ほど、はっきり分かると思います」(35歳/商社・卸/事務系専門職)

・「給料日の話ばかりしているとお金ないのかなと思う」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

ストレートにお金がないとは言わなくても、やたらとお金の話ばかりすれば、きっとないなと思うという意見が多く聞かれました。デートが外出ではなく、家でのデートばかりになったときも、そう思うという声もありました。

■せこすぎる

・「割り勘ばっかりの人。ケチな人」(35歳/その他/クリエイティブ職)

・「クーポンの使えるお店をやたらと勧めてくる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「ファミレスや居酒屋にしか行かない。レストランやカフェを嫌がる」(33歳/その他/その他)

・「食事などのお店選びが価格帯基準のとき」(26歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

その他にも、食事後の会計時に財布を忘れたという声もありました。本当に忘れたのなら仕方ないですが、おごってもらう確信犯だったらちょっとせこいかも。次の日に、お金を返してこないのならば後者ということでしょうね。

■怪しい言動

・「職業を教えてくれない。食費をケチる」(30歳/その他/その他)

・「飲みに誘われてもあまり来ない、『一駅くらい歩かない?』と言う」(32歳/その他 /クリエイティブ職)

・「毎日タンブラーを持ってきて、飲み干したら会社でみんなで飲むために用意してあるコーヒーを詰める。たまに日に2回詰めにくる」(34歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

食費と交際費は、手っ取り早いお金の節約法です。交通費は、歩くという他にも自転車を使うという手もあります。ただし、自転車通勤なのに定期代を会社に請求したら犯罪になるのでご注意ください。

■外見から……

・「服に毛玉が付いていたりすると思います」(28歳/その他/専門職)

・「いつも『お金ないお金ない』と言って人。服がいつも同じ人」(28歳/電機/事務系専門職)

・「ポケットに直接お金を入れている人。所持金も適当で、お金にだらしなさそうだから」(27歳/その他/その他)

・「ペットボトルを水筒代わりにして職場に持参する。Tシャツの襟がヨレヨレでも普通に着回す」(30歳/自動車関連/その他)

身なりに気をつけない男性は、お金に余裕がないように見えるようです。単純にだらしないだけの人もいるかもしれませんが、お金にもだらしなければ、きっと貯金もしていないでしょう。外見だけで判断するのは良くないことですが、判断材料にはなりそうです。

■まとめ

ストレートにお金がないと言っていても、実は貯金するために節約しているのかもしれないし、お金に関する言動はうのみにしては危険な気もします。何か目的があってのことの可能性もあります。付き合っている彼氏が、せこく感じるくらいの節約家でも、実はがっちり貯金しているのかもしれません。ただ、そんな彼氏に魅力を感じるか感じないかは、難しいところですね。

(フォルサ/岩崎弘美)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数218件(25歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]