お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

男子の本音! 「付き合いたいけど、結婚は遠慮したい女子」の特徴3選

ファナティック

ムリ好きな人と付き合って結婚するというのは理想ですが、付き合ったからといってすべての相手と「結婚したい」と思うわけではありませんよね。恋人としてなら問題なく一緒にいられるけれど、結婚となると無理だなと思ってしまう。今回は「付き合いたいけど、結婚はムリな女性」の特徴について男性のみなさんの本音を聞いてみました。

■金銭感覚が合わない

・「金遣いが荒すぎる、パーリーピーポー」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ブランドもの好きな女性」(32歳/金融・証券/専門職)

・「無駄遣いが激しくて、貯金がない」(36歳/建設・土木/技術職)

自分のお金をどう使おうと本人の自由とはいえ、あまりにも浪費癖があったり計画性がなくて貯金ができないと将来的に心配なもの。結婚するのであれば堅実な金銭感覚を持っていて、家計を上手にやりくりしてくれそうな女性を選びたいということのようですね。

■家事が苦手

・「料理が下手な女性」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「部屋が汚い」(37歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「見た目がかわいいけど、家事ができない、子どもが苦手な女性」(36歳/学校・教育関連/専門職)

掃除や洗濯、料理というのは結婚生活では避けて通れないものですが、家事能力に欠ける女性、家事にやる気を見せない女性だと男性も不安が大きいようです。二人で分担する気があったとしても、女性のほうに家事能力がないと自分の負担が大きくなるのもイヤなのでしょうね。

■気遣いができない

・「わがまますぎる女性」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「騒がしい子。彼女なら楽しく過ごせそうだが、仕事から疲れて帰って来たときには会いたくない」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「仕事中に平気で電話やLINEをしてくる彼女は、結婚は厳しいかも」(27歳/小売店/営業職)

結婚してずっと一緒にいるとなると性格が合って、自分への気遣いもしてくれる子が一番。恋人同士として付き合っているだけなら「かわいいから」と許せるようなわがままも、結婚したあとには思いやりに欠ける自分勝手な言動としか思えないのかもしれませんね。

■まとめ

幸せな家庭を築いていけそうな相手でないと結婚できない。付き合えるけれど結婚は無理だと男性に思わせる女性は、男性との価値観のちがいを感じさせる人のようです。お金の使い方や生活をしていくうえでの優先度に大きな差があり過ぎるというのは、ケンカの元にもなるし、それが原因で離婚ということにもなりそう。価値観がピッタリと合う人を探すか、付き合っていく中で価値観を合わせていくのかも難しいところですが、その差がある間は結婚もまだまだ遠そうです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数105件(22歳~40歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ