お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

本能が目覚める!? 「彼って、オスなんだな」と感じる3つの瞬間

ファナティック

草食系に見える彼だって、ふとした瞬間に「オス」のスイッチは入ることもあるでしょう。では、一体どんな瞬間に彼の「オス」な一面を見るのでしょうか。そこで、女性のみなさんに「彼って、やっぱりオスなんだな……」と感じる瞬間について聞いてみました。

■彼の筋肉を目撃したとき

・「脱いだとき、筋肉がしっかりついていることにドキドキします」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「力持ちなところ。頼りがいがあるので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「胸や肌出しに興奮してたら、男なんだなと思う」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「重いものを軽々と持つ姿を見るとき」(26歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

男性は女性よりも筋肉がつきやすいものです。たくましい腕や腹筋を見たら、ついついときめいてしまいそうですね。

■行動的

・「狩人のように仕事にまい進」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「目的に向けて行動しているとき」(22歳/農林・水産/クリエイティブ職)

・「考える前に行動しているのを見るとき」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

仕事に集中し、猛然と作業に打ち込んでいるときの男性を見て「オス」な面を感じることも。「やってやろう」という気持ちが、そうさせるのかもしれません。

■イチャイチャしたがるとき

・「長いキスのあと、そういう流れになって、上に乗ってきた彼を見上げるとき。普段のやさしい感じの雰囲気がなくなって、なんか一生懸命な感じが(笑)」(24歳/農林・水産/事務系専門職)

・「たまに襲って来るとき。普段は、大人しいのに、ギャップに驚くから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「言葉巧みに誘ってくるところです」(32歳/その他/その他)

イチャイチャしたいときの彼は、まさに本能の塊と言っていいかもしれません。欲望に忠実な彼にドキドキしてしまう女性多数!?

■まとめ

「オス」のスイッチは男性なら誰もが持っているもの。彼の「オス」な一面にドキドキしてしまう女性は多いみたい。あなたが「彼ってやっぱりオスなんだな」と感じる瞬間はありますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月29日~8月30日
調査人数:102人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ