お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

バレたら終わりだ!! 彼女には絶対に言えない男性の悪いクセ

ファナティック

人のクセや習慣は、一朝一夕で直すことはできません。長年にわたって染みついたものは知らず知らずのうちに行動に表れてしまうもの。でも恋人にはどうしても隠しておきたい自分の悪いクセを、働く男性に教えてもらいました。

■ヤンキーのような気性の粗さ

・「運転中に、マナーの悪い車を煽ってしまう」(26歳/農林・水産/技術職)

・「昔ヤンキーで、今でも睨まれたら、睨み返します」(37歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

ハンドルを持つと人が変わったり、昔の素行の悪さが抜けきらなかったり……。穏やかで紳士的な男性が好きな女性の前では、絶対に隠したい本性ですね。

■不潔だと思われたくないから

・「歯磨きをせずに寝るのが好きでよくやる」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「鼻くそをほじくったり、爪をよく噛んだりすること」(33歳/運輸・倉庫/その他)

悪いクセというよりも衛生面が心配になりますね。歯磨きをせずに寝て不快ではないのか、虫歯になるのがイヤではないのか、ほじった鼻くそはどこにやるのか、爪にはたくさんばい菌がいることを知らないのか……。疑問は多々ありますが、不潔なクセであることは間違いありません。

■賭け事は男のロマン!?

・「株式取引が好きで、結構つぎ込んでしまっている」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ギャンブルで負けていても、有り金全部つぎ込んでしまう」(28歳/その他/その他)

ギャンブルにハマる男性は、いざ将来を考えるときに苦労しそうですね。資産運用は悪いことではありませんが、限度や節度をわきまえないと大変なことになってしまうでしょう。

■飲酒は日課

・「酔っぱらいになると簡単にセクハラする」(21歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「酒を飲みすぎてしまうこと。あればあるだけ飲んでしまう」(33歳/商社・卸/営業職)

酒好きの男性は少なからず存在しますが、酒癖の悪さを自覚しているだけマシかもしれません。アルコール中毒にならないよう、気をつけてもらいたいものです。

■まとめ

恋人に知られたらマイナスポイント確定であることはわかっていても、なかなかやめられないあしき習慣。ですがいつか、いやでもその習慣を改めなければならないときがくるかもしれません。女性からすると隠れてやられても困るこんなクセは、できる限り早く改善してもらいたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ