お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

え、そんな人だったの? 旅行で知った「彼の本性」9

ファナティック

いつもとはちがう雰囲気を楽しめるのが、カップル旅行のおもしろさです。ずっと一緒にいることで、大好きな人の意外な一面を発見!……なんてこともありそうですよね。ときにはキュンとしたり、中には幻滅してしまったり……「旅行で知った彼の本性」について、女性たちに聞いてみました。

■普段の生活

・「布団や服を片付けないでほったらかしにするだらしなさ」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「異常なキレイ好き。着いたらカバンの中の洋服をクローゼットのハンガーにかけてしわになるのを防いだり、出るときは布団を整え使ったタオルはキレイにたたみ隅っこに寄せたり、決して使ったままの状態でほったらかさないきちんとした人と気づいて、こちらが恥ずかしかった」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

旅行とはいえ、生活の一部。家で、ひとりで過ごしている時間、どんな雰囲気なのか冷静にチェックしている意見が目立ちました。特に「服」や「小物」の扱い方に注目する女性が多いよう。あまりにも自分とちがっていると、ギョッとしてしまうのかもしれませんね。

■本当の性格

・「普段は誰にでも愛想がいいけど、オフモードになるとかなりテンションが低い」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「旅行先の予定をびっしり決めていて、細かい人なんだなと思った」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「けっこうな潔癖症。旅館で出されたものにはまったく手をつけなかった。すべて持参したもので間に合わせて、足りないものは、買いに走っていた」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

普段のデートは、ズバリ「よそ行き用」なのでしょう。「好きな人の前ではいい顔を見せたい!」と思うのは、男女共通の感覚です。とはいえ長時間一緒にいると、つい「本性」がチラリ……! 見られてよかったのかどうか、正直迷うところです!?

■寝ている間のこと

・「彼のいびきがすごくうるさかった」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

こちらは、彼女にとってもひとごとではありません。慣れない旅行には、いつも以上の疲れが付き物。記憶がない睡眠中に相手をガッカリさせないためにも、旅行前には「いびきの原因」を突き止めておくと安心です。

■いざというときの対応力

・「思い通りに進まなかったときの余裕のなさ」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「実は何にも自分で処理できないことがわかった。ちょっとしたトラブルが起こっても、あたふたするだけで頼りにならないことがわかった」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

いざというときに、カッコよく対応できる彼にキュンとする女性は多いはず。その反面、なにもできない彼には、正直幻滅してしまいそうです。彼女のガッカリを避けるためにも、最初の旅行先は、彼の得意分野に設定したほうがよさそうです。

■ラブラブ⇒別れ!?

・「自己中。元彼は、自分のことしか考えてなくて、すぐにキレる性格というのがわかって、すぐに別れた」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

ラブラブ旅行デートだったはずが、彼の本性を知り、急転直下、別れを決断した女性も……。旅行がダメなら、今後の「日常生活」にも暗雲が立ち込めます。先のことを考えると、はやめの決断が鍵となるのかもしれませんね。

■まとめ

彼の本性を知り、受け入れることは、二人の距離を縮めることにもつながるはずです。よほどのことではない限り、広い心で受け入れ合えるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月24日~2016年9月1日
調査人数:100人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ