お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊婦・ママ全般

離婚したい気持ちにストップ! 「子どもを持つ」メリット4

フォルサ

子どもがいてよかったと思う瞬間4選

仕事やプライベートなことでもつらいことがあった時、子どもの笑い声に癒やされることはありませんか? 子どもがいる夫婦のみなさんに「子どもがいてよかった」と感じる瞬間を聞いてみました。

■子は鎹(かすがい)

・「子どもがいなかったら、離婚してるかもしれないので、良かったと思います」(31歳男性/金融・証券/営業職)

・「家族愛が深まる瞬間を何度も感じられる。子どもによって夫婦の関係がさらに深まり、理解がよりできるようになること」(35歳男性/その他 /その他)

・「子どもがいるから離婚することはないと思う」(28歳女性/その他/その他)

・「子どもの寝顔や、笑顔がなかったら、夫婦生活もうまく回らないと思う」(32歳女性/医療・福祉/その他)

まさに子はかすがいといった意見がたくさん聞くことができました。ほかにも、夫婦ゲンカをしたときに間に入ってくれる、子どもがいることで夫婦間のコミュニケーションが増えたなどの声もきかれました。

■子どもの成長を見る時

・「やはり成長を見れるし夫婦でいろいろ協力し合える」(33歳男性/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「日々成長していくのでみているだけで飽きない」(31歳男性/自動車関連/技術職)

・「一緒に遊んだり感動したり一緒に成長してる」(32歳女性/その他/その他)

・「毎日大変なことも多いけど、昨日できなかったことができると感動するし、寝顔を見ていると幸せだと思う」( 34歳女性/その他/その他)

子どもの成長を見守ることに親としての幸せを感じるという意見です。がんばって食べさせようとしても、口から吐き出してしまう離乳食を一口食べたとか、日々の苦労が多い分達成感があるのでしょうね。それと一緒に親も成長できるという声もありました。

■とにかくかわいい

・「笑顔に癒やされる。子どもの顔を見たら疲れもふっとぶ」(33歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「家に帰ってきて、子どもたちが玄関まで走ってきて、迎えに出てきてくれること」(32歳男性/その他/事務系専門職)

・「なんといってもやっぱり子は宝。かわいい。ちょっとしたことで幸せを感じれること」( 29歳女性/自動車関連 /その他)

・「ママ大好きーーー!ですべてを許せてしまう☆」」(31歳女性/その他/その他)

父親の場合は、仕事から帰ってきたときに子どもが出迎えてくれたり、寝顔をみることで、仕事の疲れが取れて責任感が湧いてくるという意見が多く聞かれました。どんなビタミン剤よりも強力なようです。母親の場合は、一緒にいる時間が多いせいか、子どもがいうことを聞かずに怒っても泣きわめいても、大変だけれどやっぱりかわいいという声が聞かれました。

■家庭が明るくなった

・「子どもがいて家庭内に笑顔や会話が増えたところ」(28歳男性/不動産/営業職)

・「家庭の雰囲気もよくなり、協力し合えること。そして家庭が明るくなる」(34歳男性/その他/技術職)

・「家族でたわいもなく話して笑ってると、自分の子ども、家族がいて良かったと無条件で思える」(33歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「子どもがいることで家の中で笑顔が増えたし外出が増えて日々楽しい」(25歳女性/その他/その他)

子どもがいるということだけで、家庭が明るくなるという意見は男女共に多数聞かれました。夫婦で子どもについての会話をしたり、子どもが話をしたり、家族のコミュニケーションが「子ども」によって広がっているようです。

■時にはいらないと思ってしまうことも

・「寝てる姿を見ててかわいく思う、そんな時は居て良かったと思う。自由に買い物できないときは居ない方がらく」(34歳女性/その他/その他)

・「子どもがいると自分の時間はないししたいこともできず買いたい物もなかなか買えないし、まとわりついてきて邪魔だと思うこともあるが、自分以上に大切なかわいい存在がいないことが今はもう考えられない」(33歳 女性/その他/その他)

・「疲れたりイライラしてても最終的には癒やしてくれる」(31歳女性/その他/その他)

母親からだけ、聞かれた正直な意見です。夜はゆっくり眠れないし、朝からご飯の支度、洗濯など、自分の自由な時間は無くなってしまうし、悪さをすることもあるので、苦労が耐えないけれど、わが子の笑顔をみれば疲れが癒やされてしまうようです。

■まとめ

子どもがいる家庭は、子どもが中心になって回っているようです。子どもの明るさ、かわいさに、父親は仕事の辛さを、母親は子育ての苦労を癒やされているんですね。でも、子どもはいつまでも子どものままではないし、成長して大人に近づいていくときに、さらに親には乗り越えなくてはいけない苦労が多そうです。子どもは親の背中を見て育つともいいます。子どものためにだけではなく、子どもと一緒に親も人として成長できるとすてきですね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日~9月3日
調査人数:434人(22歳~34歳の男女)
※画像はイメージです

(フォルサ/岩崎弘美)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ