お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ヘルスケア全般

生理中は大変そう……! タンポンが必須な職業4つ

ファナティック

生理中に使う生理用品は、そのときの状況によって使いわけをしますよね。水に入ることがあったり、体を激しく動かすときは、ナプキンよりもタンポンのほうが向いているもの。そこで今回は、タンポンが必須な職業について、女性のみなさんにお話を聞いてみました。

<タンポンが必須な職業>

■スイミングインストラクター

・「プールのインストラクター。生理中プールに入ることがあると思うから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「水泳のインストラクター。ずっと水着だしいつもどうしてるんだろうと思う」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「プールのインストラクター。いちいちナプキンを取り換えてられないから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

いつも水の中に入らなくてはならないスイミングインストラクターだと、生理中のタンポンは必須ですよね。とはいえ、こまめに取り換えなければならないので、水着だと大変そうですよね。

■キャビンアテンダント

・「CA。時間に迫られていて忙しそうだから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「CAさん。なかなか交換できなさそう」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「CAなどの立ち仕事。動きまわる仕事だと必要そうだと思うから」(33歳/不動産/専門職)

客室乗務員の仕事はほとんど立ちっぱなしのため、生理用品を交換している時間もなさそうですよね。時間が決められた仕事になるので、自由にトイレに行くのも難しいかもしれません。

■スポーツ選手

・「スポーツ選手。ナプキンだと体の動きに影響されそうだから」(26歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「体操・水泳選手。競技用の服ではナプキンを使えないから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「体操選手が動きまくるのにタンポンでないと動きづらそうだから」(29歳/その他/クリエイティブ職)

ハードな運動をするスポーツ選手だと、ナプキンよりタンポンを使っているかもしれませんね。特に体にフィットするユニフォームを着たり、水の中に入るスポーツだと、タンポンにせざるを得ないところがあるのでしょうね。

■接客業

・「接客業。トイレに行きたいと思っても、すぐに行けないから」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「美容院の店員さん。長時間トイレに行けないことが多そうだから」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「接客業。行きたいと思ったときに、スムーズにトイレに行けなさそうだから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

お客様相手の接客業だと、自分の思うときにトイレに行けないことも多々あるもの。特に接客をしているときなどは、その場から離れるわけにはいきませんよね。

<まとめ>

あまりにも経血が多かったり、水の中に入るときなどに役立つのがタンポン。中に違和感が残るので、どうしても使えないという人もいるかもしれません。でも、経血やニオイを気にしなくていいことから、タンポンを主流に使っている人もいるようです。気になる人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月25日~2016年8月29日
調査人数:100人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ