お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 仕事全般

アンタは絶対ムリ!! 玉の輿に乗れない女性の特徴

フォルサ

「玉のこしにのりたい!」「お金持ちと結婚したい!」と思っていても、相手から絶対NGと思われるような言動をとってしまっていては元も子もありません。絶対玉のこしになれない女性の特徴とはどんなものでしょうか。その理由も含めて女性に聞いてみました。

■お金に執着がある

・「お金のことを優先的に考える女性」(29歳/生保・損保/営業職)

・「玉のこしに乗りたいという気持ちだけが強すぎる人」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「浪費グセがある人。お金目当てだと思われて相手に引かれそうなので。」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

お金持ちな人は、お金に対してルーズではなく、むしろしっかりマネジメントしている人が多いような気がします。自分のパートナーにもきっと同じ価値観を求めると考えると、浪費グセのある人やいかにもお金目当ての人には目もくれなそう。

■自分勝手

・「自分のことばっかりのワガママな人」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分が自分がと自己主張が激しいやつ」(28歳/不動産/秘書・アシスタント職)

・「我が強くて、自分のことを中心に考える人。相手を立てないといけないから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

自己中心的な性格の人は、お金持ちに限らずどんな人からも嫌われてしまうのは当然のこと。仕事で忙しい彼がやっとの思いで作ってくれた二人の時間であればなおさら、思いやりと感謝の気持ちをもって接したいものです。

■教養がない・品がない

・「教養が足りない。会話がかみ合わなさそうだから。」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「品がなくて、がさつな印象を与える人」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「がさつ、マナーなどが身についていない」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

どんなに美人でも、その態度や言葉ががさつだったり下品だったりするとゲンナリ。仕事関係のパーティーや交流の場に連れて行けないと思われるような人は結婚相手としてはまず対象外かも。

■まとめ

結婚となるとやはり大事なのは人としての中身。どんなに外見が美しくても、中身が伴わなければ人生の伴侶として見てはくれないのも当然。また、お金持ちの人の場合、社交の場に出る機会も多いことを考えると、ある程度の教養も必須といえそう。逆に教養もなく、そういった場に出る自信のない人は玉のこしには向かないのかもしれません。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数119件(22歳~35歳の働く女性)

(フォルサ/錦織寿恵)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ