お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

【男女のちがい】その神経疑うわ!! 恋人に対して「ケチくさいな」と思ったポイント4つ!

ファナティック

恋人とデートに行ったときに、支払いをしぶられてしまうと、せっかくの楽しい気持ちも盛り下がるもの。なるべく恋人のセコいところは見たくないという人も多いかもしれませんね。どんなときに恋人に「ケチくさいな」と思ったことがあるのか、調査してみました。

<女性の意見>

■1円単位まで割り勘する

・「1円単位で割り勘を申し出て来たとき。女子同士でもないわ……」(33歳女性/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)
・「1円単位まで割り勘。”あのとき俺はいくら払ったんだから、払ってよ”というように、以前のことまで持ち出して恩着せがましく言ってくる人」(34歳女性/情報・IT/事務系専門職)
・「1円単位で割り勘。細かすぎて、嫌だ」(34歳女性/情報・IT/技術職)

気ごころの知れた恋人同士だからといって、中には1円単位まで請求してくる彼氏もいるようですね。割り勘は良しとしても、さすがに1円単位となると、気持ちも冷めてしまいそう。

■安い店しか行かない

・「安いところばかり行きたがる、そして割り勘」(35歳女性/その他/その他)
・「安いメニューがあるところしかデートに誘わない」(27歳女性/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)
・「金持ちなのにいつも安い居酒屋ばっかり」(30歳女性/情報・IT/事務系専門職)

経済的に苦しいのであれば仕方ないにしても、いつも安いお店ばかり連れていかれると、自分自身が安く見られているようにも感じるもの。せめて給料日ぐらいは見栄を張ってほしいですよね。

<男性の意見>

■お金を出さない

・「外食してお会計のときに一切払わないとき」(34歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「自分の財布を最初から出そうとせずたかる気満々」(38歳男性/情報・IT/技術職)
・「食事のときに払うそぶりをまったくしないとき」(31歳男性/その他/その他)

女性の中には、男性が支払いをするのが当然と思っている人もいるかもしれませんね。実際に女性に支払いを求めない男性も多いもの。でもせめて財布を出すフリぐらいはしてほしいと、本当は思っているのかも?

■クーポンを手放せない

・「どこに行ってもクーポンなどを探して、常に一番安い店に入る」(28歳男性/金融・証券/営業職)
・「クーポンやポイントが大好き。少しくらいならいいが、度を越したら引く」(32歳男性/その他/事務系専門職)
・「ポイントやクーポンなどにこだわりすぎる人」(31歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

最近ではクーポンがついている雑誌や、ネットなどでもクーポンサイトなど、お得なクーポン情報を手に入れやすいもの。でもクーポンに振り回されてデートをするのは、少しウンザリしているみたいですね。

■まとめ

男性女性ともに、恋人がケチだなと思うのは、やはり支払いに関してのことのようです。最近では割り勘にするカップルも増えているものですが、相手の経済状況などによっては、デート先を考えるなど工夫をしたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数女性188件、男性172件(22歳~38歳の働く男女)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ