お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 マネー全般

【夫の本音】妻が不倫! 離婚はしないけど相手男性から慰謝料をもらうなら?

ファナティック

パートナーの浮気を知っても「もう一度、やり直そう」と思えるのなら、それもまた夫婦のあり方。ただ、浮気を許せたとしても浮気相手への怒りは治まらないもの。今回は、妻の浮気を許して離婚を思いとどまった場合に、不倫相手に慰謝料を請求するならいくらくらい欲しいと思うのか、既婚男性たちに聞いてみました。

■全財産でも足りない

・「不倫相手なら人生を台無しにするまでむしりとる」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「全財産でも足りないくらい。こちらは相手のせいで苦しい中生きていくから」(29歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「1億円。最低すぎる。全財産奪ってやりたい」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

妻の離婚を許したとはいえ、その事実は一生消えない。自分がそのツラさを味わう羽目になったのは不倫相手のせいということで、全財産をもらいたいくらいだという男性も。同じ男としても許せない最低の行為をした代償は、人生を台無しにするということをとことん知らしめてやりたいということでしょうか。

■慰謝料+社会的な制裁

・「1,000万円以上。社会的制裁を受けさせたい」(31歳/その他/専門職)

・「会社に報告するなど社会的制裁を加えた後に500万」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「もらえるだけ多くもらう。社会的制裁を下す」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

慰謝料をもらうだけなら当事者だけの問題で終わってしまうので、不倫相手には社会的な制裁として会社に報告するなどの罰も受けてもらいたいという男性もいるようです。不倫をしたといううわさが広まるだけで、社会人男性としての信用はなくなるし、会社でも肩身の狭い思いをしそうですね。

■精神的なダメージの代償として

・「300万円。精神的ダメージが大きいので」(28歳/その他/その他)

・「最低100万。離婚しないのならばそんなにもらえない気がする。だが、精神的苦痛を受けたので、これくらいはもらいたい」(33歳/情報・IT/技術職)

・「2,500万円。子ども達に対しての精神的な負荷に対しても慰謝料が必要と考えるため」(35歳/医薬品・化粧品/営業職)

離婚は回避できたけれど夫である自分が受けた精神的なダメージは大きいということで、それに見合う額が欲しいという男性も。心を傷つけるというのは人としても最低の行為。自分たちのことしか考えずに不倫をした相手からは、どれだけ償ってもらっても足りない気もするでしょうね。

■慰謝料の代わりに完全に縁を切ってもらう

・「慰謝料はいらないから奥さんの前に一生現れるな」(35歳/商社・卸/営業職)

・「慰謝料より、絶縁を要求し約束させる」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「慰謝料はいらないので二度と会わないところに引っ越すなどしてもらう」(39歳/医療・福祉/専門職)

妻とやり直すと決めたら、完全に不倫相手との縁が切れたことを確信したい。慰謝料の代わりに二度と会えないくらい遠くに行ってもらいたいという男性もいるようです。夫婦としての信頼関係を一から築いていくためにも、不倫相手の影を一切感じたくないのは当然かもしれませんね。

■まとめ

妻の浮気を許してもう一度やり直すというのは、ツラいことも多い選択。でも、そのツラさを妻と一緒に乗り越えようとする男性は立派ですよね。ただし、不倫相手に対しては容赦なく制裁を加えたいと思うようです。経済的な制裁だけでなく社会的な制裁も十分に受けてもらって、不倫の代償の大きさを感じてもらう。妻に対する信頼を取り戻すためにも、憎しみの感情はすべて不倫相手に向けたいということかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数197件(25~35歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ