お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ビューティ全般

女を捨ててない? “オバサン”認定される女性の見た目の特徴3選

ファナティック

年齢とともに老けを感じてしまうのはどうしても避けられないものですが、少しでも老化の進行を遅らせるために日々のケアやおしゃれをがんばっている人は多いはず。でもまちがった努力は周囲により「オバサン」のイメージを持たれてしまうこともあるようで……? そこで今回は、女性のみなさんに「オバサン認定してしまう女性の見た目の特徴」について聞いてみました。

【老けは日常から! 「オバサン要素」診断】

■メイクをしていない

・「化粧もまったくせずに、眉毛の手入れもできていない人」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「ナチュラルメイクだといってほとんど化粧をしない女性」(26歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「化粧をまったくしていない。女を捨てているな、と思うから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

化粧が濃すぎるのも怖いですが、まったくしていない女性を見ると「女を捨てているな」と思ってしまいますよね。すっぴんで外を歩ける勇気は、ある意味すごいとは思いますが……。

■手や首に年齢があらわれている

・「手や首など、隠せないところにシワが多い人」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「手が老けている。顔をキレイにしていても、手を見ると年齢がわかりやすい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「手の年齢は隠せないと思う。シワとかが、年齢によって全然ちがう」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

顔のスキンケアには力を入れていても、手や首などは年齢が出てしまいがちです。意外とケアを忘れがちな部分なので、スキンケアをするときにあまった化粧水やクリームを首元まで伸ばすようにするなどして、普段から保湿を心がけるようにしてくださいね。

■老けポイントとなるアレが……

・「肌がシミだらけ」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「ほうれい線がはっきりしている」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

・「目元のシワです。笑ったときに深いシワが出ると年だなと思います」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

一番わかりやすいのが、シミやほうれい線、目元のシワではないでしょうか。一気に老けて見えるポイントとなるので、エイジングケアを早めにはじめたほうがよさそう!

■まとめ

「あ、この人オバサンだわ」と思う女性の見た目の特徴として、メイクをしなかったりシミやほうれい線があったりなど、さまざまなものが挙げられました。特に手や首のシワ、肌のシミやほうれい線などは、一気に老けて見えるので気をつけたいところです。「オバサン認定」されないために日々の自分みがきは欠かさないようにしたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月22日〜30日
調査人数:114人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ