お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

ヤバイ、止まんない! 女子が“その先までしたくなってしまう”キス6選

ファナティック

彼とのキスは、軽いものでも激しいものでもうれしいですよね。キスの感触や場所、周囲の雰囲気によっては、その先までしたくなってしまうことも。今回は、そんな「その先までしたくなってしまうキス」について、女性のみなさんの本音をこっそり教えてもらいました。

■キスしながら「やばい、止まんない」

・「キスしながら『やばい、止まんない』と言われるとこちらも止まらなくなる」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「キスをしながら『好きだよ』とか『大好きだよ』と言われるとうれしくなってその先まで求めてしまう」(28歳/ソフトウェア/技術職)

キスをしながら愛の言葉をささやかれたら、ドキドキするしうれしいですよね。「やばい、止まんない」はリアルな彼の気持ちが出ていて、女性も止まらなくなってしまうのかも? キス+彼の言葉でその気になってしまう女性は多いようです。

■たくさんのバードキスにメロメロ

・「細かいキスを何回も繰り返しているとき。お互い無言なのがいい」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「抱きしめられながらたくさんバードキスされるとメロメロになってしまう」(32歳/自動車関連/技術職)

短いキスを何度もする「バードキス」は、しているうちに気持ちが盛り上がっていきますよね。抱きしめられながらだったら、なおさらメロメロになってしまいそうです。濃厚なキスより、ついばむような軽い口づけを何度も繰り返したほうが興奮するという女性もいました。

■夜景が綺麗な場所でのキス

・「夜景が綺麗な場所での激しいキス。テンションが上がるから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「ロマンチックなところでの2人きりの空間でのキス。そこで『愛してる』と言われたら本気にしてしまいそう」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

夜景が綺麗な場所など、ロマンチックなところでキスをするとテンションが上ります。さらに「愛してる」なんて言われたら、周囲の雰囲気も手伝って気持ちが高ぶりそうですね。キスする場所は、女性にとって重要なポイントのようです。

■愛されている感じがするキス

・「たくさん愛されていると感じたときのキス」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「彼にやさしく抱かれ、愛されていることを実感したとき」(29歳/学校・教育関連/専門職)

キスは愛情表現のひとつですが、愛されていることを実感できるようなキスほど至福の時間はありませんよね。口だけでなく、おでこやほっぺにやさしくキスをされたら、それだけで気分は舞い上がってしまうもの。抱きしめられながらのキスもたまらないですよね。

■貪るように求められるキス

・「ディープキスのあと、『まだまだ足りない』と言って貪るように舌を絡めてくる彼」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「熱いキスをされながら、帰したくないと言われると、こちらもそういう気持ちになってしまう」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

ディープキスのあとに「まだ足りない」なんて求められたら、彼女としては応えたくなりますよね。キスをされながらの「帰したくない」には「私も帰りたくない!」と思ってしまいそうです。

■うまい人のキス

・「耳や鎖骨などいろんなところにキスされるとき」(30歳/小売店/事務系専門職)

・「うまい人のキスはその気になる。うまい下手がどこで分かれるのかはわからないけど……」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

耳や鎖骨など唇以外のパーツにキスをするなど、うまい人のキスでその気になるという声も。唇以外の場所にキスをされるのはドキドキするし、興奮スイッチが入ってしまいそうですね。

<まとめ>

「その先までしたくなってしまうキス」について、女性のみなさんからさまざまなシチュエーションが寄せられました。言葉や場所、激しいキスやバードキスなど、それぞれにポイントがあるようです。こんなキスをされたら「いつでもOK!」という気持ちになりそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月29日~2016年9月4日
調査人数:108人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ