お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊婦・ママ全般

子なし夫婦に聞く、「子どもを持たない」メリット4

フォルサ

子どものいない夫婦に聞く! 子どもがいなくてよかったと思う瞬間3選

結婚はしても、夫婦2人だけで子どものいない生活を選んだ夫婦もいます。欲しいけれど、まだその時期ではない、子どもが好きではないなど理由はさまざまですが、今、子どもがいない夫婦に、いなくてよかったと思うことはあるかどうかを聞いてみました。

■夫婦2人の生活を楽しみたい

・「恋人とはまたちがう新婚生活を2人で満喫できているとき」(28歳男性/情報・IT/営業職)

・「夫婦の会話がメインになり、やりたいことができる」(33歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「互いにまだラブラブモードでいられるので、夫婦仲が冷めない」(23歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「いつまでも夫と2人で手をつないで歩ける。デート気分でお出掛けできる」(34歳女性/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

子どもがいないからこそ満喫できる「2人きりの時間」。一緒に夜遅くまで出かけたり、思う存分イチャイチャしたり……お子さんがいるとできないことばかりですよね。

■経済的な余裕

・「養育費が掛からないので、ある程度余裕ができる」(33歳男性/情報・IT/技術職)

・「家計が苦しい時は、子どもがいなくて良かったと思うことがある」(32歳男性/小売店/販売職・サービス系)

・「子どもの養育費や教育費なども必要ない。親になる必要がないので、私は私、夫は夫のままでいられる」(31歳女性/ その他/ その他)

・「子どもがいないと経済的に余裕なので夫婦でお互いの趣味などにお金を使えること。少しぜいたくしても赤字になることはない。私がパートに出ても全部貯金まわせる」(33歳女性/その他/その他)

子どもをひとり育てるには、義務教育の中学まででも約1700万円かかるといった試算もあるほど子育てにお金はかかります。この金額を夫婦のことだけに使えるのは確かにメリットです。

■時間の余裕

・「夫婦だけでどこかに行ける時にいなくて良かったと思う」(34歳男性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「子育てがない分、自分の好きなことをやれる時間をつくることができる」(32歳男性/情報・IT/技術職)

・「テーマパークなど夫婦で気軽に出掛けられる時は、子どもがいなくてよかったと思う」( 30歳女性/機械・精密機器/技術職)

・「ひとりの時間がたっぷりとれる」(29歳女性/情報・IT/技術職)

男女ともに多かったのは、「自分の夫婦の時間がとれる」でした。たしかに子どもがいると、そちらに自分の時間がとられてしまいますよね。

■こんな現場に居合わせたら

・「外出先で騒いでたりぐずってたりする子どもを見るたびに思う」(31歳女性/その他/その他)

・「子どものことで夫婦でもめている夫婦を見た時。子どもが飛行機などでうるさいのを見かけた時」(32歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)

公共の場所でわが子が叫んで苦労した経験がある人は多いはず。言うことを聞かない子どもが原因で夫婦ゲンカに発展してしまうこともあるでしょう。いずれも子どもがいる家庭ならではの問題ですが、そんな気苦労がまったくないのは子どもがいない夫婦のメリットですね。

■まとめ

いかがでしたか? 子どもをもたないメリットはおもに、夫婦の時間がとれる、夫婦で自由にお金が使える、子育てによるイライラが原因で夫婦ケンカをしないといったことのようですね。とはいえ子どもをもつことにもメリットはあります。夫婦それぞれにあった選択をするのが一番ですね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日~9月3日
調査人数:434人(22歳~34歳の男女)
※画像はイメージです

(フォルサ/岩崎弘美)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ