お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

君にだけだよっ! 女性が送る「脈アリLINE」6パターン

好きな男性とLINEを交換したら、さっそくメッセージを送りたいですよね。自分の好意を伝えるためにも、その内容にいろいろな工夫をしたいところです。では、働く女性がLINEで見せる脈アリサインとは? 今回は、社会人女性のみなさんが本命男性に送る「脈アリLINE」の内容について聞いてみました。

■ハートマークで特別感を出す

・「ハートつきの有料のスタンプ。特別感を出したいので」(31歳/情報・IT/技術職)

・「ハートマークのスタンプを使う。好きな人以外には使わないから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

多かったのは「ハートマーク」を多用するという意見でした。有料のスタンプだとより特別感がありますよね。それとなく好意があることを伝えるためにも、ハートマークは必須のようです。

■かわいい絵文字やスタンプを使って華やかに

・「絵文字を多く使う。冷たいと思われたくないから」(25歳/農林・水産/その他)

・「とにかくすぐに返事をする、かわいい絵文字を使う、スタンプもあわせて送る」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

「かわいい絵文字やスタンプを多く使う」というテクニックもありました。文章だけだとそっけなく見えてしまいますが、絵文字やスタンプがあると華やかになりますよね。文字だけでなく見た目にもこだわるのが、女性たちの脈アリサインのようです。

■「2人で」会う約束をする

・「『今度は2人で飲みに行けたらいいな\(^-^)/』。2人でというのは意中の相手にしか送らないから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「『今度2人で〇〇に行こう!』と2人指定でデートの誘いをする。好きな男性ではないと2人っきりで出かけたくないから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

「2人で」を強調してデートに誘うのは、まさに好きな男性にしか送らない内容ですよね。「今度○○行こう!」と送るよりは「2人で」という言葉があったほうが、ストレートに好意が伝わりやすそうです。

■「また会いたい」と前向きな言葉

・「また会いたい……など前向きなLINE」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「また会いたいと思っていることを匂わす」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

2人でデートをしたあとに「また会いたいな」と送るのは、相手がドキッとしそうですね。ここまで言ったら、どんなに鈍感な男性でも好意に気づいてくれるかもしれません。

■シンプルイズベストな文面を心がける

・「長々とした文章を打ってもウザいと思うので、端的に内容を送る」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「返信まで少し時間を持たせつつ、文面はシンプル。ゴテゴテするとうるさいから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

絵文字などを多用せず「シンプルで短い内容を送る」というテクニックもあるようです。あえてシンプルな文面にすることで、逆に相手の気を引くことができそう!? 相手の男性の負担が大きくならないよう、女性たちも気遣っているのかもしれません。

■疑問文でかまってほしいアピール

・「『休みの日何してる?』。かまってほしいことをアピールしているから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「ちょくちょく疑問文を挟む。相手のことを知りたいし、返事がほしいから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「休みの日何してる?」と聞くことで、デートの約束につなげられたら完璧ですよね。疑問文をはさむと相手も返信しやすいし、どんなことに興味があるのかわかるのでよさそうです。

<まとめ>

気になる男性に送る脈アリLINEとして、ハートマークや絵文字にスタンプなどの「見た目を装飾する」ものや、「2人で会いたい」といった文面を工夫するものまで、さまざまありました。男性のみなさんがドキドキするようなLINEを送って、気になる彼に意識してもらえるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月29日~2016年9月4日
調査人数:108人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]