お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ママ

子どもの「名づけ」、10人に1人の親が“後悔” その理由とは?

子どもの名づけ、後悔してる親11.7% 理由は?

子どもの名前をつけるとき、どんな名前をつければいいか悩むものですよね。その子が一生背負っていく名前になると思うと、親の責任も重大です。社会人男女のみなさんに、子どもにつけた名前を、ちがう名前にすればよかったと後悔したことがあるか、アンケートを行って調べてみました。

Q.子どもにつけた名前について、もっとちがう名前にすればよかったと後悔はありますか?

はい……11.7%
いいえ……88.25%

10人に1人は、子どもの名前をほかの名前にすれば良かったと後悔したことがあるようです。どんな名前にしてみたかったのか、お話を聞いてみました。

■はやりの名前にしたかった

・「今、はやっているカッコいい名前にしたかった」(32歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

・「子のつかないいまどきの名前にしたかった」(33歳女性/その他/その他)

・「主人が断固としていまどきの名前をつけなかったから」(33歳女性/その他/その他)

その年によって、子どもの名前の流行というのは変わっていくもの。なるべく流行に流されないように、名前を考える人も多いかもしれませんね。でも少しぐらいは、今どきのはやりをとりいれたかったと、後で後悔する人もいるようです。

■女の子に間違えられる

・「女の子にも多い名前で間違えられやすい」(34歳女性/その他/その他)

・「男でも女でも通用する名前と言っていたが、女の子といつも間違われてしまうから」(25歳女性/その他/その他)

・「1人目が男の子でも女の子でも通用する名前で、もうちょっと男の子らしいものにしてほしかった」(31歳女性/その他/販売職・サービス系)

最近では子どもの名前も中性的なものが多くなり、聞いただけでは男の子か女の子か判断しづらいこともありますよね。女の子に男の子と聞いてしまったら失礼と思い、とりあえず女の子ですか?と聞いているのかもしれません。

■意味をもう少し考えれば良かった

・「もう少し意味のある漢字にすればよかった」(29歳女性/その他/その他)

・「理由がないのでもっと意味のある名前にすればよかった」(33歳男性/医療・福祉/専門職)

出産してから子どもの名前を提出するまでは期限があるため、あせって名前をつけてしまう人もいるかもしれませんね。もう少し深い意味をこめれば良かったと、後から後悔しているようです。

■難しすぎた

・「誰にでもすぐ読めなくて、説明も難しいため」(27歳女性/その他/その他)

・「当て字で初対面の人は読めないので、読める漢字か普通の名前がよかった」(34歳女性/その他/その他)

・「画数が多くなってしまって、書類を書くとき大変だった。つけたい名前があった」(27歳女性/その他/その他)

子どもの個性を出すために、難しい漢字をつけたり、当て字を使って名前をつけることもありますよね。初対面の人に読んでもらうのは難しいかもしれませんが、記憶に残ることは間違いありませんよね。

■まとめ

あまりにも普通すぎる名前や、まわりの子どもとかぶるような名前をつけた場合でも、後から後悔することがあるようですね。どんな名前にしても、その子にとってはこれから一生呼ばれる大切な名前。悔いのないよう、いい名前をつけてあげたいものですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日~9月5日
調査人数:387人(22歳~34歳の男女)

お役立ち情報[PR]