お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

オェエエエ! これまでで最悪だったキス10

ファナティック

最高だったキスの思い出が忘れられないように、「最悪だったキスの思い出」も記憶に強烈に刻み込まれることが……。そこで社会人男性に「これまでで最悪だったキスの思い出」について聞いてみました。

■好きじゃない人としたキス

・「飲み会の罰ゲームで好きでもない女性としたキス」(28歳/情報・IT/技術職)

・「よく知らない子にいきなりキスされた。そんな気ないのに」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「酔っ払ってよく覚えていないキス」(39歳/情報・IT/技術職)

その場のノリでなんとなくキスしてしまったときは、気まずさに自己嫌悪にとさまざまな気持ちに襲われやすいもの。ボディタッチのようなノリで「キス」はするものじゃない!? こんなときは女性だけでなく、男性も激しく後悔することがあるとか……。

■歯がぶつかった痛いキス

・「歯が出ている子と勢いよくキスしようとしたら、気を付けていたのに歯がぶつかってしまった」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「彼女の歯が当たって唇が切れた」(36歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「いきおい余ってお互い前歯がぶつかったキス」(31歳/電機/技術職)

文字通りの「痛い思い出」になってしまうのが、歯と歯がぶつかりあう痛いキスの思い出。ドラマチックにキス・シーンを演出しようと思ったのに、残念な結果に終わったときのあの何とも言えない気持ち。唇だけでなく気持ちも痛すぎる!

■相手が乗り気じゃなかったときのキス

・「デートの帰りにキスをしたら、キスされたと女友だちづてに伝わってきて、うれしそうな反応ではなかったとわかったとき」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「相手が『心ここにあらず』だった場合」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

自分だけがキスで盛り上がっていたことに「後で気付いた」ときも、なんとも言えない切ない気持ちに襲われますよね。恥ずかしくて穴があったら入りたい気持ちになってしまいそう? 後悔が深すぎるとき、キスは「最悪な思い出」になることがあります。

■くさかったキスの思い出

・「焼き肉を食べた後のキス。お互いくさくて吐きそうになった」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「ニンニクを食べた後の彼女とのキス」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

悪いギャップでキスが最悪な思い出に変わりやすいのが、「キスがくさかった」とき。焼き肉やニンニクなど、強い匂いの食べ物を食べたときはキスしたくなっても我慢した方がいいのかもしれませんね。せっかくのキスが台無しな思い出になりやすい?

期待値が高い分だけ、キスは最高の思い出にも最悪な思い出にもなりやすいもの。一生心の中で温めることができる「最高のキスの思い出」を作るためにも、上記のようなキス・シチュエーションは避けるのが一番かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数110件。22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ