お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

完璧すぎはモテない!「隙のある女」の演出方法3つ

モテる女性の特徴のひとつに「隙があること」が挙げられることもありますが、みなさんは隙がある女になろうとしたことがありますか? しっかり者と言われる女性には敷居が高そうな「隙のある女」の演出方法。今回は、女性たちがどんな風に隙のある女を装っているのかを聞いてみました。

■無知を装う

・「スマホの設定がわからないから教えてなど、相手が得意としていることをお願いする」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「車の運転があまり得意ではない。不器用なところを見せる」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「彼の詳しそうな分野に対して、カマトトぶって、話を聞き出していい気にする」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「強がって何でもできるふりをしておいて、いきなり弱いとこを見せて男の人に頼ってみる」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「少しバカなふりをして男の人に教えてもらう」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

本当は知っていることでも知らない振りをして、男性に教えてもらうきっかけを作ったり、優越感を持たせたり。女性に頼られたり褒められたりするとそれだけで調子に乗ってしまう男性は多そうなので、たまには無知を装ってみるのもいいかもしれませんね。

■酔ったふりをする

・「飲み会のとき酔っぱらったふりをして、お持ち帰りしてもらったことがあった」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「お酒に弱いのに、いつもより多めに飲んで羽目を外さない程度に酔う」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「普段は真面目にしているが、お酒を飲んだときにちょっと甘えたりする」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

お酒を飲んで少しだけ羽目を外したり、ここぞとばかりに男性に甘えてみたりして隙を演出する女性も。飲み過ぎて本当に酔いつぶれてしまうと大失敗しそうですが、あくまでも酔ったふりなら相手の様子を見ながら作戦を変更することもできそうですね。

■服装も仕草も緩い感じで

・「少し胸を出した服を着る。そしたら男は喜ぶので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「男性が言い寄ってきても気づいていないふりをする」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「少しドジを演出」(29歳/生保・損保/営業職)

肌を露出するというのも男性から見ると隙があるように見えるようです。少し胸元を開けてみたり、足元をチラ見せしてみたりするのも男性に「チャンスかも」と思わせることができそう。天然っぽく見える仕草というのも、意外と男性にはウケがよさそうですね。

■まとめ

隙のある女を演出するというのは、同性から見るとあざとい感じもしますが、男性ウケを考えた言動を取るというのは決して悪いことではありませんよね。無知を装ったり緩い雰囲気を出したりするのは、男性をうまく持ち上げて気分をよくしてあげるためにも必要なことかも。本当に隙だらけだとそこに付け入られることもありそうですが、装うだけなら自分自身でどの男性をターゲットにするかもきちんと選ぶことができますよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月23日~2016年8月30日
調査人数:102人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]