お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

いつ○○すればいい? 彼女の家へ行ったときに困ったこと・4選 

ファナティック

恋人の家に招かれるとうれしい反面、緊張する人もいるのでは? 彼女とはいえ他人の家ですから、思わぬトラブルに遭遇する可能性がありますよね。そこで今回は社会人男性に、彼女の家へ行ったときに困ったことをアンケート調査してみました。

■彼女の親がいたこと

・「相手の親がいるとき。なかなかいつも通りには話せない」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「お母さんの手料理がたくさん出てきた」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「親がいて、なれそめと関係性を根掘り葉掘り聞かれた。困った」(36歳/金融・証券/営業職)

彼女が実家暮らしだと、当然のように彼女の両親と対面しますよね。両親のおもてなしや質問のバラエティーの多さに困惑する男性も。

■トイレに行きづらかったこと

・「トイレに行きたいが、なかなか言い出せなかった」(28歳/その他/その他)

・「トイレを借りにくい」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「トイレに行くタイミングで困りました」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

人の家のトイレは何か一言言ってから借りないとダメですよね。あまりない経験ですし、彼女の家で戸惑う男性は多いのではないでしょうか。

■トイレを使いづらかったこと

・「トイレを座ってやらなければならなかった」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「トイレが汚い」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「トイレットペーパーがない」(29歳/医療・福祉/専門職)

首尾よくトイレを借りることができたものの、自宅のように快適に使うことができなかったようです。さすがにトイレットペーパーの補充は忘れないようにしたいですね。

■家のある場所が田舎だったこと

・「家がめちゃくちゃ田舎だった」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「昔の人ですが、電車が1日5本しかなかった」(23歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

彼女の家がずいぶん遠いところにあったのですね。帰りの電車を逃したりすると、自分の家に帰れなくなってしまいそうです。

■まとめ

さまざまなエピソードが寄せられた中でも、トイレ関係のトラブルが多い印象でした。また、「自分の部屋とちがって部屋がキレイに片付けられていたので、どうも居心地が悪くて、ずっと行儀よくしていたこと」(36歳/情報・IT/技術職)がつらかったという人も。彼女の家でも慣れるまでの期間、最初のうちは居心地が悪いのが一般的なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月26日~9月1日
調査人数:107人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ