お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

生まれは関係ない! 彼女に「育ちのよさ」を感じた瞬間ベスト5

ファナティック

みなさんは「育ちがいい」と聞いてどんな人をイメージしますか? テーブルマナーができる人? 挨拶ができる人? 今回は、社会人男性を対象に、彼女に対して「育ちのよさ」を感じる瞬間をきいてみました。

■文字と言葉

・「手紙の書き方や字がキレイで尊敬した」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「言葉遣いがていねいだし、礼儀がしっかりしている」(33歳/運輸・倉庫/その他)

正しい言葉遣いで話す、美しい文字をかく、そんな女性に男性は育ちのよさを感じるようです。確かに上品な言葉づかいやキレイな文字を書くことは、一朝一夕でマスターできるものではありません。そのため男性は「きちんと教育されている」と思うのかもしれません。

■家族との愛

・「家族にものすごく愛されているとわかったとき」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「親や兄弟姉妹のことを仲良さそうに話す姿を見て」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

家族を大切にしているかどうかも「育ちがいい」かどうかを判断する基準のようです。たしかに自分の親にたして暴言を吐いたり、思いやりのない行動をする女性がいたら、家族となにがあったのか心配になりますよね。

■周囲への気遣い

・「電車などの交通機関で、ためらわずに席をゆずれる」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「一緒に食事に行ったときに、店員さんに対して適度にていねいだったとき」(33歳/小売店/事務系専門職)

特に自分よりも弱い立場の人に対して、ごく自然に優しく接することができる様子は、かなり好感度が高いものです。「この女性を彼女に選んで良かった!」と心から思える瞬間だと言えそうです。

■余裕です!

・「人にののしられても言い返すことなく、ほほ笑んでいるのを見たとき。普通は怒ったり反論したりするものだと思うが、育ちの良さからか落ち着いている様子だったので」(35歳/情報・IT/技術職)

・「ほかの女性のように欲をむき出しにせず、一歩引いた位置にいる」(36歳/建設・土木/技術職)

彼女の心の中にも、きっと複雑な感情があるはず。しかしそれを簡単には見せないところが、余裕のある証拠なのかもしれませんね。こんな女性となら、意見が食い違ったときでも、冷静な話し合いができることでしょう。

■彼への態度

・「朝に夜に必ず『いってらっしゃい』と『おかえりなさい』で、出迎えてくれる」(37歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「僕が帰宅すると正座して出迎えてくれるところ」(38歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

彼氏に対して彼女が自然にできることは、彼女の両親から引き継いだことなのかもしれませんね。彼女から伝わってくる深い愛情に「仕事をもっとがんばろう!」と思えるのではないでしょうか。

■まとめ

いかがでしたか? 育ちがいいひとの特徴として、「挨拶がきちんとできる」「字がキレイ」「家族を大切にしている」「周りの人を気遣える」「余裕がある」「彼に対して思いやりがある」があがりましたね。ローマは1日にして成らずといいますが、育ちのよさも日々の言動がつくるもの。男性たちがチェックしているポイントを踏まえて、言動に気をつけるといいかもしれないですね!

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月12日〜8月18日
調査人数:92人(22歳〜39歳の男性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ