お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

働く男女に聞いた! 職場でノンアルビールはOK?

ファナティック

ドライブや、飲み会のときに活躍する「ノンアルコールビール」。発売されたときは、非常に話題になりましたね。商品は次々改良され、今で「本物のビールの味わいと遜色がない」と感じる人も少なくないようです。ノンアルコールなわけですから、もちろん、区分は「清涼飲料水」、ジュースやお茶と変わりません。しかし、これを職場で仕事中に飲むのはありなのでしょうか……? 働く男女に、率直な意見を募ってみました。

Q.職場で缶コーヒーのように、ノンアルコールビールを飲むのはアリだと思いますか?

<男性>

「アリ」……12.0%

「ナシ」……88.0%

<女性>

「アリ」……14.0%

「ナシ」……86.0%

男性も女性も、反対派が圧倒的に多いですね。若干、女性の方が、「いいんじゃないの?」という意見の人が多いようです。では、それぞれの回答を選んだ理由を教えてもらいましょう。

■男性の意見

●「アリ」

・「アルコールが入っていないのだからダメな理由がない」(36歳男性/建設・土木/技術職)

・「甘くなくて、スカッとした飲み物が飲みたいときに良い。酔わないのだから問題ないと思う」(32歳男性/学校・教育関連/専門職)

・「症状変化、効率が落ちなければアリ」(29歳男性/電機/技術職)

「アルコール成分がないから問題なし」という意見の人がやはり多いようですね。確かに、甘くはない炭酸飲料がほしいときは、ベストかもしれません。

●「ナシ」

・「業務中にビールと間違われるような缶とかはお客さんに誤解されかねないのでナシかなと」(33歳男性/金融・証券/営業職)

・「ノンアルコールだからといっても、傍から見た印象は良くない」(23歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「ノンアルコールなので問題ないと思うが、そこまで飲みたいのかという世間体」(35歳男性/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

周囲から見た印象を男性は重視するようですね。ビールではない、と本人はわかっていますが、周囲の人は細かく見なければわかりません。ビールを飲んでいる、と勘違いされたら、社会的な信用は失われるでしょう。

■女性の場合

●「アリ」

・「別にアルコールが含まれていないのであれば飲むのは自由だと思うから」(25歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「内部の規則違反じゃないし、清涼飲料水だから良いと思います」(24歳女性/食品・飲料/技術職)

・「見た目は悪いが、ジュースを飲んでる人もいるんだし別に良いんじゃないでしょうか」(32歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

推奨はしないけれど、問題はない、というスタンスが女性には多いようでした。仕事に支障をきたすような問題ではないのは、間違いないですからね。

●「ナシ」

・「ノンアルコールだろうと、気分は飲み会になってしまうから」(34歳女性/医療・福祉/専門職)

・「別に飲んでおいしいものでもないし、それをあえて飲んでる感が引く」(30歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

・「アルコールが入ってなくてもビール扱いするものなので、職場ではNGだと思います」(23歳女性/その他/その他))

女性たちの間でも、やはり見ていて誠実性を感じない、「なぜ職場で?」という疑問を感じるなどの意見が多く寄せられました。あえて職場でビールに似通うものを飲みたい、という気持ち、少々理解はできないですね……。

■まとめ

女性も男性も、職場でのノンアルコールビールには、否定的な人が非常に多く、そういう行為をする人に対して、不信感を募らせる傾向が強いようです。どんなに飲みたくなっても、ビールは終業後、スッキリした気分の中で飲むのが望ましいということでしょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数157件(22~34歳の働く女性)、有効回答数108件(25歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ