お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 妊婦

母子への影響が心配な妊娠高血圧症候群の原因と症状

妊娠が分かった時、特に初めての妊娠なら尚更これから始まる世界はキラキラ輝いているものと思っていました。しかし、幸せそうに見える「妊婦」には思いもよらないトラブルがいっぱい! 今回ご紹介する「妊娠高血圧症候群」もその一つです。いつ、誰に発症してもおかしくないこの病気、一体ママと赤ちゃんにどのような影響があるのでしょう?

妊娠高血圧症候群とは?

136653803

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

以前は、妊婦さん特有の「高血圧」「タンパク尿」「むくみ」の症状を称して「妊娠中毒症」と呼んでいましたが、2005年4月よりその名称が変更になりました。それが「妊娠高血圧症候群」です。それと同時に定義も見直され、最も危険である「高血圧」に重点を置き「妊娠高血圧症候群」の呼び名になったのです。

「妊娠高血圧症候群」とは、「妊娠20週以降、分娩12週までに高血圧がみられる場合」または「高血圧にタンパク尿を伴う場合」のことをいいます。高血圧とは、収縮期血圧(最高血圧)140㎜Hg以上、または拡張期血圧(最低血圧)90㎜Hg以上のことです。

妊娠後期になると、お腹の赤ちゃんがどんどん成長するにあたり、血液を通して母体であるママからたくさん栄養を貰う必要があります。その為、体内の血液量が妊娠していない時と比べ、約1.3倍~1.5倍になります。なので、妊娠後期の血圧は、妊娠していない時に比べて誰しも高くはなるのですが、それが何らかの理由で極端に高くなってしまうと、いろいろな症状に発展して母子ともに危険な状態に陥ってしまうことがあります。これが「妊娠高血圧症候群」です。

妊娠高血圧症候群になりやすい人の特徴とチェック項目

187119316

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠高血圧症候群のサインは「高血圧」と「タンパク尿」ですが、こうした自覚症状がまったく出ずに、トラブルが体内でひそかに進行してしまう……ということも珍しくないのです。そのため「それまで何のトラブルもなかったのに、妊娠36週~37週になって急に妊娠高血圧症候群と言われた」という話も良く聞きます。また、妊娠中は発症を抑えられたけれど、分娩の際に陣痛のストレスが身体にかかり、お産をきっかけに発症した……という場合もあります。

今、特に思い当たる症状がなくても、「塩分やカロリーをとりすぎない」「規則正しい生活を心がける」「体重管理をしっかりとする」など、意識して妊娠高血圧症候群の予防をしてみて下さい。

あなたは当てはまる? チェック項目10

妊娠高血圧症候群になりやすいのは、こんな人です。

□35歳以上、15歳以下の人

□初産の人

□もともと太めの体型

□もともと高血圧気味。あるいは慢性腎炎や糖尿病などの持病もち

□お腹の赤ちゃんは双子や三つ子など多胎妊娠である

□以前の出産で妊娠高血圧症候群を発症した人

□ファーストフードを良く食べる

□さっぱり味より、こってり味の方が好み

□イライラすることが多い

□夜更かしで朝寝坊

□甘いものが欠かせない

□市販のお弁当が好きで良く食べる

□油っこいものが大好き

いかがでしたか?

多胎妊娠の方は、赤ちゃんへ送る血液の量が多くなるので、その分血圧に負担がかかり発症のリスクも高まります。食事についても、ファーストフードや市販のお弁当、こってり味のものはどうしても塩分や油分が多くなってしまう傾向がありますので、高血圧の一因を担っています。

ひとつでもチェックがついた方は、ぜひ普段の生活を見直してみましょう。

妊娠高血圧症候群の原因

656228335

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

仕組みは?

血管が十分に拡張できなくなってしまうことが病気の仕組みの一つではありますが、実は妊娠高血圧症候群の原因はハッキリしていません。母体と胎児をつなぐ胎盤が形成される際に、血流をスムーズにするために血管の壁が作り直されます。その時に何らかのトラブルで上手く成形されず、悪くなってしまった血流を、赤ちゃんへ栄養を運ぶために無理に流そうとすることによって、血圧に負担がかかり高血圧になってしまうのではないか……が一説としてあります。

また、母体が胎児を異物として反応し、除去しようとして血管を壊そうとする物質が生成されてしまい、血管が収縮を起こし高血圧になってしまうという考え方もあります。

遺伝的要因は?

遺伝についてもハッキリとはしていませんが、母親が妊娠高血圧症候群の場合、その子供が発症する可能性は、そうではない人よりも2~5倍高くなっているのです。

それでも、「コレ」という原因は解明されていないため、妊娠後期以降は、いつ、誰にでも起こりうる病気なのです。もともと肥満傾向にある人や、強いストレスを受けやすい人などは発症しやすい傾向にあるともいわれています。予防できない分、血圧の管理が非常に重要になります。

妊娠高血圧症候群の症状

474324647

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠高血圧症候群が悪化すると、自覚症状として頭痛や耳鳴り、かすみ目(チカチカする)などの症状が出たりけいれん発作を起こす危険性があります。しかし、基本は毎回の妊婦健診で行われる「尿検査」や「血圧測定」で医師の判断のもとに、診察が下ります。

むくみ(浮腫)

妊娠高血圧症候群が「妊娠中毒症」と呼ばれていた時代は、「むくみ」も判断基準に入っていました。しかし、大きくなった子宮に血管が圧迫されて血行が悪くなってしまったり、身体の水分量が妊娠前より増えるため、「むくみ」は誰にでも起こりうる症状なのです。そして「むくみ」を感じる妊婦さんが全体の30%もいるということから、妊娠高血圧症候群の項目から外されました。

妊娠高血圧症候群の項目からは外れているとしても、「むくみ」は不快な症状ですよね。「むくみ」を予防するためには、立ちっぱなしや座りっぱなしといったような、長時間にわたる固定の姿勢を避け、時々屈伸をしたり背伸びをしたりして、血行を促すようにしてください。また、入浴で身体を温めたり、夜寝るときに足の下にクッションなどを置いて高くする、足首から足の付け根に向かってマッサージをする……など、いろいろ効果的な方法を試してみて下さい。

高血圧

妊娠高血圧症候群の名前にもあるように、この病気は「高血圧」がみられることが絶対の条件になります。「高血圧」とは、収縮期血圧(最高血圧)140㎜Hg以上(重症では160㎜Hg以上)、拡張期血圧(最低血圧)90㎜Hg以上(重症では110㎜Hg以上)のことをいいます。

つまり、「血圧が正常」である限りはどんなに浮腫みが出ようが、タンパク尿が出ようがママとお腹の中の赤ちゃんに急激な異常が起こることは少ないということです。逆に「高血圧」をもつ妊婦さんは、血圧が正常な妊婦さんよりも、注意深く管理していくべきということになります。

上記でも述べたように、まだ何故高血圧になってしまうのか解明されていない妊娠高血圧症候群ですが、日常的に「高血圧にならないため」の生活を心がけてみると、少しは予防になるかもしれませんね。

尿たんぱく

タンパク尿のみであれば、妊婦さんやお腹の赤ちゃんへの影響力は少ないので判断基準には含まれません。タンパク尿のみが出た場合は「妊娠タンパク尿」と呼ばれます。しかし、高血圧の加えてタンパク尿が出てしまった場合は、腎機能の低下が疑われるので注意が必要となります。

なお、出産を終えた後もタンパク尿のみが残っている場合は、妊娠に伴う疾病としての「妊娠高血圧症候群」ではなく、もともと母体に備わっていた疾病であると考えられます。

妊娠高血圧症候群のリスクと影響

511062324

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠高血圧症候群を患ってしまうと、母体と赤ちゃんの状況をさらに悪くしてしまう合併症をひきおこす危険性があります。では、どのような合併症が起こってしまうのでしょうか? そして、母体であるママのことはもちろん、大切なお腹の中の赤ちゃんの命に影響はあるのでしょうか?

ママ(母体)への影響

■子癇(しかん)

「子癇」とは、妊娠20週以降に初めて起こるけいれん発作のことです。てんかんや脳炎、脳腫瘍や脳血管障害、薬物中毒を原因しないものにあたるのですが、妊娠~分娩後までに起こる子癇のほとんどが妊娠高血圧症候群の妊婦さんに起こります。

子癇が収まらない場合は脳ヘルニアに進行してしまう場合があるので、お腹の赤ちゃんだけではなく母体であるママの命も危なくなる状況になります。

■HELLP症候群

妊娠後期からお産の後に発症しやすい病気です。血液中の赤血球が壊され、肝機能が悪くなり、血小板が減少してしまう病気です。診断が遅れてしまうと、血液の凝固障害や全身の臓器がダメージを受けて致命的になってしまいます。妊娠高血圧症候群と関係があるといわれていますが、原因はまだ解明されていません。

■常位胎盤早期剥離

子宮の正常な位置についている胎盤が、赤ちゃんが生まれる前にはがれてしまう病気です。こちらも原因はまだ解明されていませんが、妊娠高血圧症候群で起こることが多いといわれています。しかし、そうでない人にも発症するので一概に妊娠高血圧症候群が原因といえる訳ではないのです。

全体の妊婦さんの0.5~1.3%に起こるといわれており、そのうち妊婦さんの死亡率は5~10%、赤ちゃんの死亡率は30~50%といわれています。

赤ちゃんへの影響

妊娠高血圧症候群のとくに重症の場合は、子宮や胎盤での血液の流れが悪くなります。お腹の赤ちゃんは、ママから胎盤を通して栄養や酸素をもらっているので、栄養状態、酸素状態は悪くなってしまいます。

■胎児発育不全

母体からの栄養が足りなくなり、胎児の発育が不十分になってしまう状態

■低体重児

妊娠週数に見合った成長が出来ないので、未熟児で生まれてきてしまいます

■子宮内胎児死亡

酸素が足りなくなってしまうと低酸素症になり、それが長く続くと脳にも影響が出てしまいます。最悪の場合はお腹の中で赤ちゃんが死亡してしまう場合も

■胎児機能不全

子宮収縮が起こってしまうと、血液の流れがさらに悪くなってしまうので赤ちゃんは低酸素状態に陥り、胎児の脳や心拍に異常が出てしまう状態が起こりやすくなってしまいます

まとめ

89652094

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠高血圧症候群は、患ってしまったからといってすぐに何かが起こってしまう「病気」ではなく、患ってしまうことによって様々な合併症にかかりやすくなってしまう「体質」になってしまうということが分かりましたね。お腹に新しい命を宿したことによって変わってしまう自分の身体に、戸惑うことも多いかと思います。誰にも予測できない「妊娠高血圧症候群」に怯えるのではなく、まずはその内容を良く理解し、日常の中でもできる「予防」を心がけてみて下さい。

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ