お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

【男女別】上司が不機嫌なときの対処法4選

いつでもフラットな機嫌で、接しやすい上司なら苦労はしませんが、なかなかそんな人間ができた上司というのはいません……。時には不機嫌な気持ちを隠そうともせず、周囲を嫌な気持ちにさせる人もいます。そんな風に上司が不機嫌になってしまったとき、社会人のみなさんはどんな対処法を実践しているのでしょうか? その方法を男女別に見ていきましょう。

■男性の意見

●触らぬ神にたたりなし……

・「あまり近寄らないようにしてとばっちりを食らわないようにする」(29歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「なるべく近寄らない。で、機嫌が直ったころに用事があるときにはいく」(33歳男性/学校・教育関連/専門職)

・「なるべく話さないようにする。不必要な言動を控える」(29歳男性/情報・IT/技術職)

男性の多くは、嵐が過ぎ去るのを待つように、上司の機嫌が元通りになるのをそっと見守り、できるだけ接しないように心掛けるようですね。まさに、触らぬ神にたたりなし、です。

●ちょっとしたお誘い

・「飲みに誘ったり、上司の好きなものの話をしてみたり、話しかけて機嫌をとるようにしている」(26歳男性/自動車関連/販売職・サービス系)

・「飲みに誘ったり、ちょっとした差し入れを持っていったりしている」(27歳男性/小売店/販売職・サービス系)

・「コーヒーでも飲みますかと誘います」(31歳男性/食品・飲料/営業職)

上司と気心知れている仲ならば、こういうお誘いも男性はかけやすいでしょう。女性の場合は、同性の上司でもない限り、なかなか誘うのは難しいですね……。

■女性の意見

●優しい態度で

・「いつもより丁寧に話したり、相手を怒らせないように話す」(29歳女性/学校・教育関連/専門職)

・「当たり障りない接触しかしないようにする。理不尽に当たられたくないので」(24歳女性/小売店/事務系専門職)

・「労いの言葉から優しい口調で話す」(28歳女性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

イライラしている相手には、気づかいのある態度が一番なのかもしれません。多くの女性が、「普段よりも優しい・柔らかい態度で接する」と答えていました。でも、できればみなさん、関わりを持ちたくないようです。

●笑顔を心掛ける!

・「気にせず笑顔でいつも通り接する。つまり恩を着せて、こちらがそういう時も普通に接してもらう。ギブアンドテイク」(32歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「とにかく笑顔で接する。身に着けているものなどを褒める」(27歳女性/その他/専門職)

・「私の場合は、かわいらしく挨拶を笑顔でする」(25歳女性/情報・IT/技術職)

不機嫌な人に不機嫌そうな顔で接したら、きっと火に油を注いでしまうでしょうね……。笑顔で接していれば、次第に相手の気持ちも軟化してくるかもしれません。

■まとめ

不機嫌な上司への接し方、男性は「近づかない」と答えた人が多かった割に、「飲みなどに誘う」というような積極的な態度で接する人もいて、両極端でした。対して女性は、当たり障りのない接し方を取る人が多いようです。性別だけではなく、上司のタイプによって、接し方が変わるのかもしれません。自分の上司の性格を見極めて、不機嫌なときの対処法を工夫してみましょうね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数157件(22~34歳の働く女性)、有効回答数108件(25歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]