お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

やばい、涙出そう!! 女性が感動した彼氏の気使い

ファナティック

男性に対して、気が利かないという印象を持っている女性はいるのでは? ですが男性の中にも、驚くほどステキな思いやりがある人はいますよね。そこで今回は、女性が感動した「彼氏の気使い」を調査しました。

■会いに来てくれた!

・「体調が悪いときにわざわざ遠方から車を飛ばして会いに来てくれた」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「いつも休日は会ってくれると思ったら、裏で私に会えるよう別の日に一生懸命予定を調整していることを知ったとき」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「出先で体調が悪いとき、車で迎えに来て家まで送ってくれた」(27歳/その他/専門職)

恋人同士でも、お互いなかなか会えずに困っているカップルは少なくありません。彼氏が無理を押してでも会いに来てくれるとうれしいですよね!

■料理してくれた!

・「料理ぎらいな自分のために、大量の冷凍食品を作っていってくれた」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「料理が下手なのに、学生時代に卒業制作をしている私の元へお弁当を作って届けてくれた。まずかったけど! 心遣いがたまらなくうれしい」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「泊まった朝に起きたら、朝ご飯ができていた」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

料理といえば彼女がするものと思われがちですが、彼氏が作る手料理もまた愛情がこもっていますよね。得意でも得意でなくても、気持ちがありがたいです。

■カラダを温めてくれた!

・「お腹が痛くてトイレに行って出てきたら温かいお茶を買ってきてくれたこと。優しくて感動しました」(24歳/その他/事務系専門職)

・「生理痛がつらいときにカイロを買ってきてくれ、腰のマッサージをしてくれたことです」(32歳/その他/その他)

・「寒い冬にドライブデートしたときに、温かい飲み物を何も言わずに用意してくれた」(29歳/ソフトウェア/技術職)

寒い、痛い、苦しいときなどに、彼氏が自分のカラダを温めてくれようとする。純粋にうれしくなる、まるで母のような優しさですね。

■親にプレゼント!

・「旅行のときに両親へのお土産を買ってくれたこと」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「ことあるごとにうちの実家の両親にワインを贈ってくれる」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「前アパレルで働いてたころは、私にお土産とか、母にまで買ってくれてたりとかしてて、すごくうれしかった」(24歳/金融・証券/営業職)

まだ結婚していないのに、彼女の親にも家族のようにお土産を買ってくる彼氏。いいお婿さんになってくれそうで感動してしまいます。

■まとめ

人を感動させるのはけっこうむずかしいですよね。ですが彼氏と一緒にいると、たまにこうした感動する気使いをされることがあるようです。自分から感動させてよとは言えませんが、彼氏に少し期待してみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数105件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ