お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

女性からみた「同棲」のメリット4

フォルサ

大好きな彼との同棲生活。毎朝起きると彼が隣に寝ているなんて考えるだけで顔がニンマリしてきそうですが、実際のところはどうなのでしょう。同棲を経験した人たちに「同棲してよかった!」と思う瞬間について聞きました。

■ずっとラブラブ

・「休日に出掛けなくても家でずっとゴロゴロできる」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「ずっと一緒にいられるし、楽だった」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「初期のラブラブな時期は、ず〜っと一緒にいたいと思いがちなので帰らなくてもいいところかな。」(40歳以上/その他/事務系専門職)

毎日がデートみたいなものですもんね。ちょっと新婚さん気分を味わえたり、毎日楽しくて仕方ないかも。ただ、最初のうちはいいとして月日がたってドキドキも無くなってきたときが2人の正念場なのでしょうか。

■安心

・「いつも一緒にいられて安心する」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「毎日一緒にいられること。寂しくならないこと。」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「朝目覚めた時の安心感、とか…」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

1人暮らしが長くなると、家に誰かいるという心強さ、安心感というのは確かに感じるかもしれません。一人暮らしの寂しさともサヨナラできるのはうれしいですよね。

■相手の本質がわかった

・「素の彼の生態がわかったのがよかった」(24歳/金融・証券営業職)

・「結婚後の2人の生活がこんな感じなんだなとわかってきた」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「相手の人格がわかり、後悔する結婚をしないで済んだ」(36歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「その後結婚したが同棲してたので結婚前にそれぞれの課題などを改善できたことは良かったと思う。」(39歳/情報・IT/技術職)

結婚後の生活をイメージできるのはメリットとして大きいですよね。互いに気になるところがあったからといって別れるのでなく、結婚前に改善していったなんて素晴らしすぎます。

■経済的

・「お金が安くすんだ。料理も作ってくれ、けっこう楽しく生活できた」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「生活費が半分になるから余裕ができる。」(23歳/その他/その他)

・「生活費が安くおさえられて助かる」(26歳/医療・福祉/専門職)

好きな彼と一緒に入られて幸せなのはもちろん、さらに経済的なメリットを挙げる方もたくさんいました。確かに実際に家賃なども折半できるし、その分のお金をデート代や結婚資金に回せればなおよしですよね。

■まとめ

2人でのんびりお部屋の中で過ごしたり、一緒にスーパーに買い物に行ったり。それだけで満ち足りた気分になれるのは同棲ならではの幸せかも。一方で結婚前のお試し期間としてのリアルな側面も。一緒に生活していける相手かどうか、お互いにどこまで許しあえるか。2人で前向きに課題をクリアしていけると理想的かもしれません。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月12日〜8月19日
調査人数:100人(22歳〜34歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/錦織寿恵)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ