お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

その持ち方……! 女性に聞いた「カラオケで男性に引いたエピソード」8選

ファナティック

合コンや会社の飲み会のあと、二次会で行く定番と言えばカラオケです。みんなが盛り上がれるような曲ならいいですが、時には「なぜこの選曲?」と引いてしまうこともありますよね。今回はそんな「カラオケで男性に引いたエピソード」を集めてみました。

■ついていけない選曲!

・「知らない英語の歌をしっとりと歌い上げられたこと」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「アニメソングばかり歌う人に引いた。有名どころならまだしも、まったく知らない曲まで歌い、ついていけなかった」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「ボーカロイドの歌を熱唱する人」(33歳/医薬品・化粧品/その他)

初音ミクに代表されるボーカロイドの歌や英語の歌は、知らない人が聞いても盛り上がれませんよね。アニメソングもマイナーなものばかりだと、ついていけないので引いてしまいます。

■ジャイアン並みの音痴に引いた!

・「歌が下手なのに、めちゃくちゃドヤ顔」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「音痴だとは聞いていたが、あまりにもひどかった」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「超絶音痴。音楽に乗ることもできないほどジャイアンで引いた」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

カラオケは歌がうまいかどうかも大事なポイントのひとる。でも中には音痴な人もいますよね。多少の音痴ならいいですが、ジャイアンレベルになると引いてしまうかも……。

■マイクの持ち方!

・「マイクの持ち方が変だったとき」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「ロックバンドのボーカルのような、マイクの持ち方で歌う人」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「マイクを立てながら、アーティストのように熱唱されると気持ちが悪いです」(32歳/その他/その他)

自分で自分に酔いしれて歌う男性は、だいたいマイクの持ち方が変わっていますよね。アーティストと同じ持ち方で熱唱されても、マイクが気になって歌に集中できません。

■マイク占有、かっこつけ、歌わない

・「何曲も続けてマイクを占有する男性」(32歳/自動車関連/技術職)

・「俺、かっこいいだろって感じで歌う人には引く」(31歳/医療・福祉/事務系専門職

・「何も歌わない人。ノリが悪いというか、空気が読めないというか……」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

1人で何曲も続けて歌う男性は、自分勝手でイヤですよね。かっこよさをアピールされても、残念ながら理解できません。カラオケに来ているのに何も歌わない人は、その時間が苦痛にならないのか心配になってしまいます。

■まとめ

「カラオケで男性に引いたエピソード」として、ついていけない選曲や音痴などの声が挙がりました。また「L’Arc-en-Cielの曲をなりきって歌っていて、ナルシストだなと思った」(26歳/情報・IT/事務系専門職)という声も。アーティストになりきったりマイクの持ち方が気持ち悪かったりと、ひとりよがりな男性とのカラオケはできれば遠慮したいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月19日~8月23日
調査人数:153人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ