お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

なんと8割の男性が「出産の痛みに耐えられない」と回答! その理由とは……

ファナティック

出産は、女性だけが経験する出来事です。だからこそ、男性は出産の痛みを想像するしかありませんよね。では、実際男性たちは出産の痛みに耐えられるものなのでしょうか? そこで今回は、自分なら出産に耐えられるかどうか、男性たちの本音を聞いてみました。

Q.あなたは、女性が経験する出産の痛みに耐えられると思いますか?

「はい」……19.5%
「いいえ」……80.5%

約8割の男性は、出産の痛みには耐えられなさそうだと思っているようです。一方で、約2割の男性は耐えられそうだと自信を持っていることも判明! それぞれでの気になる理由を聞いていきましょう。

<「耐えられる」と回答した人の意見>

■みんな耐えている痛みだから自分も大丈夫

・「昔からいろいろな痛みに耐えてきたから、なんとかなりそうな気がするので」(36歳/情報・IT/技術職)

・「女性に耐えられることに男性が耐えられないわけがない」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

多くの女性が出産の痛みに耐え抜いてきたわけですから、男性がそれに耐えられないわけがないという意見がありました。また、人生でいろいろな痛みをすでに経験済みなので、なんとかなりそうという声も!

■子どものためならがんばれる

・「生まれてくる子どものためと考えられるから」(38歳/金融・証券/営業職)

・「自分の子のためなら我慢できるはず」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

生まれてくる我が子との対面のために、出産の痛みは乗り越えなければならない試練のひとつです。そう考えれば、どれだけ痛くても必死でがんばれるのが親というものなのかもしれません。男性も出産の痛みを経験するときの心情を、こんな風に考えてくれているのはうれしいですね。

<「いいえ」と回答した人の意見>

■男性は出産の痛みに耐えられない生き物!

・「ある人が言っていたが、男が出産の痛みをもし経験したら、痛みに耐えきれず死ぬらしい」(33歳/商社・卸/営業職)

・「ものすごく痛いと聞いているし、その痛みは女性にしかわからないと思うから」(27歳/情報・IT/技術職)

出産の痛みは非常に激しいもので、男性が耐えられるものではないという弱気な意見も。ドラマの出産シーンなどで痛みに耐える女性の苦しそうな姿を見て、「自分には無理!」と思ってしまうのかもしれませんね。

■痛みのレベルが高すぎる

・「相当痛いと聞きます。男性の睾丸を蹴られるより痛いとか聞きます。無理」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「下痢の20倍痛いと聞いたので(笑)。5倍くらいで限界ですね」(38歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

出産の痛みに関するさまざまなたとえ話を聞いて、怖気づいてしまった男性もいました。想像を絶する表現を聞いてしまうと、恐怖心はなかなか消えないですよね。

<まとめ>

出産の痛みは、出産を経験した人にしかわからない感覚です。自分を生んでくれた母親は、そんな出産を乗り越えてくれたと考えると、本当に感謝の気持ちでいっぱいになりますよね。女性のみなさんは、これから訪れるであろう出産の痛みに耐え抜くことはできそうですか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月2日~2016年8月26日
調査人数:113人(22~39歳の男性)

おすすめコンテンツ