お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

○○をかいだとき……! 女性が「元カレ」を思い出す瞬間13

過去の人だと完全に割り切ってはいてもふとした瞬間に頭をよぎる元カレとの思い出。嫌いになって別れた彼だとしても、そういうときだけは、まるで理想の男性像のようによかった部分だけを思いだすことも多いですよね。今回は、女性がどんなときに元カレのことを思いだしてしまうのか聞いてみました。

■似ている人を見たとき

・「似ている芸能人をテレビで見たとき」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「体臭が似ている人がいたとき」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「声が似ている人がいたら」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「同じ香水の匂いをかいだとき」(33歳/学校・教育関連/専門職)

彼の一部としての匂いや声。まったくの別人なのに似ている人を見ると途端に彼の思い出がよみがえってくるという女性もいるようです。記憶と結びつきやすいといわれるニオイ。彼が使っていた香水や整髪料などのニオイを嗅ぐと彼の顔が浮かぶという人も少なくないかもしれませんね。

■今のカレに失望したとき

・「今カレが大切にしてくれなかったら、元カレが恋しくなる」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「今のカレに失望したとき。元カレのよさがしみじみ思い出されてしまう」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「今のカレがかまってくれないときなど。思い出すのは楽しかったことだけ」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「今のカレの嫌なところが目についたときに、ついつい元カレのことを考えてしまう」(27歳/医療・福祉/専門職)

今のカレに不満があるときに元カレとの楽しかった思い出が浮かぶという女性も。思い出というのは、かなり美化されるものなので「元カレのほうがよかったかも」という気にもなりそうですが、それが態度に現れてしまうと今の彼にも失礼。思い出は思い出のままにしえおくほうがいいですよね。

■思い出に触れたとき

・「ちょっとしたときや、思い出に触れるようなことがあったとき」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「一緒に観た映画が再放送している」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「思い出の写真を見たとき」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「酔っ払ったとき。いろいろ過去のことを思いかえすクセがあるので」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「元カレの誕生日になるといつも思い出します。もう彼も〇歳なんだなって思う」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

別れたら彼との思い出の品を処分してしまう人も多いですが、品物がなくても元カレを思いだす瞬間はいろいろとあるようですね。

■まとめ

多くの人が、元カレとの楽しかったことやさしさなどいい面だけを思いだしてしまうのは、それだけ思い出は「美しいもの」になっているということ。冷静に考えてみるとそれだけではなかったというのもわかっていること。元カレを思い出すのは悪いことではありませんが、今のカレと元カレを比べることだけは止めたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月23日~2016年8月30日
調査人数:102人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]