お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

代わりがいない……。体調が悪くても休めなそうな職業4選

ファナティック

生理痛や頭痛、風邪など、体調が悪いときは仕事を休みたいですよね。でも職種によっては、代わりがいないため、休めないこともあるようです。今回は「体調が悪くても休めなさそうな職業」について、社会人女性のみなさんに聞いてみました。

<体調が悪くても休めない職業>

■人手不足が深刻! 介護職

・「介護職。夜勤シフト制だから」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「介護士。常に人数不足だから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「介護職。常に人手不足で大変だと思うから」(33歳/医療・福祉/専門職)

とても多かったのが「介護職」という意見でした。人手不足が深刻化している職種ですよね。利用者は増加しているのに、介護職の人手が足りていないので、体調が悪くても簡単には休めなそうです。

■代わりがいない! 医師・看護師

・「医者。休んだら、治療ができなくなるから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「お医者さん。代わりにやってくれる人がそう簡単に見つかる仕事じゃないから」(32歳/自動車関連/技術職)

・「看護師。24時間365日シフトが組まれていて、穴をあけると大変だから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

「医者」「看護師」という意見も多くありました。「医者の不養生」という言葉がありますが、体調が悪くなることは誰にでもありますよね。でも代わりが簡単に見つからないので、休むのが難しそうです。

■シフト制は大変そう! 接客業

・「接客業。ギリギリの人員でやっていそうなので」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「シフト制の職業全般。人数ギリギリでやりくりしている」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「接客業などシフト制の仕事。自分の代わりになりそうな人がいなそうな職業はすぐに休めないイメージがあるので」(31歳/その他/秘書・アシスタント職)

シフト制が多い「接客業」は、自分が休んでしまうと穴が空いてしまうので、具合が悪くても休めないイメージがあります。ギリギリの人数でまわしていることが多いので、なおさら大変ですよね。

■這ってでも行く!? SE/芸能人/営業

・「SE。障害が出れば、這ってでも対応しないとダメ」(34歳/情報・IT/技術職)

・「芸能人。休んだらすぐに座を奪われるからなんとしてでも行きそう」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「営業。アポを取ってしまったら是が非でも行かなければならなくなりそうだから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

ほかには「SE」「芸能人」「営業」という意見も。SEは障害があったらすぐに対応しないといけないし、芸能人はポジション争いが激しそうです。商談のアポがある営業職は、休んだら売上に影響が出てしまいますよね。

<まとめ>

「体調が悪くても休めなさそうな職業」として、介護職や医療職などさまざまな仕事が挙げられました。人手不足だったり専門職だったりシフト制だったりと、それぞれに特徴があるようです。職場に迷惑をかけないためにも、日ごろの体調管理はきちんと行いましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月16日~2016年8月22日
調査人数:112人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ