お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

うわっ、ジョリジョリ……。男性が萎えた「ムダ毛」エピソード

ファナティック

夏が終わると「毎日のムダ毛処理に追われることがなくなる!」と、ホッとしている人もいるのでは? 本来は常にするものかもしれませんが、さすがに面倒に感じることも……。でもムダ毛をしっかりチェックしている男性もいるので、気をつけたいですよね。今回はムダ毛でドン引きした経験について、社会人男性のみなさんに教えてもらいました。

■ワキ毛を処理していなかった

・「ワキ毛の処理が甘かった」(23歳/その他/その他)

・「ワキが黒い。びっくり」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「キャミからワキが見えたが、処理が甘く青かった」(38歳/金融・証券/営業職)

ワキ毛の処理は甘くなってしまうと、男性のヒゲのように青くなってしまうようです。特に露出の多い夏場だと、注意しておく必要がありそうです。

■アンダーヘアがはみ出していた

・「はみ毛をしていたとき。ビキニから」(35歳/自動車関連/営業職)

・「パンチラして毛がはみでていた」(26歳/その他/その他)

・「パンツからはみ出てた」(26歳/学校・教育関連/専門職)

アンダーヘアも濃い女性であれば、はみ出てしまうこともあるかもしれません。水着になることがあるのであれば、きちんと処理しておいたほうがよさそうですね。

■すね毛が生えていた

・「すね毛がボーボーだった」(38歳/食品・飲料/その他)

・「脚に1本だけ太い毛が生えていた」(36歳/医療・福祉/専門職)

・「ストッキングからムダ毛が飛び出ていた」(31歳/その他/その他)

彼の足と自分の足が触れ合ったときに「ジョリッ」とすると、せっかくの雰囲気も台無し。おうちデートのときなど、体の距離が近づくときは、念入りにムダ毛の処理をしたほうがいいかもしれません。

■腕に毛が生えていた

・「腕にうっすら毛が生えていた」(37歳/その他/技術職)

・「腕の毛が自分より多くて、ちょっと引いた」(35歳/その他/その他)

・「腕の毛が処理されていなかった。夏なのに」(30歳/小売店/営業職)

視界に入りやすいのが、腕の毛ではないでしょうか。人に触れることの多い部位ですから、中途半端な処理だと、チクチクしてしまいそうですね。

■まとめ

美を追求する上では、ムダ毛の処理は大切ですよね。ワキやすねなどいろいろなムダ毛があるもの。特に夏場は露出も多くなりがちなので、きちんと手入れをしていなければ、男性からも引かれてしまうかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月19日~21日
調査人数:137人(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ