お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 仕事全般

不倫、盗難、傷害事件まで! 働く男女の「職場事件簿」12選

ファナティック

社会人になって働きだすと、まるでワイドショーのような事件が身の回りで起きることもあるもの。実際に身近で起きるとは、誰も考えませんものね。どんな驚く事件簿があったのか、社会人男女のみなさんにお話を聞いてみました。

■女性が見た職場事件

●社内不倫

・「社内不倫があり、慰謝料を請求されている人がいたこと」(26歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「社内不倫をしていた既婚男性が、地方に異動させられた」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「社内で不倫してる幹部宛に、恐らく内部の人からであろう誰か、もしくはその関係者から、匿名で手紙が送られてきた」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

今年は何かと不倫がニュースになることが多かったものですが、身近な職場でも同じようなことが起きているようです。職場によっては不倫がバレると、出世の道が閉ざされることもありますものね。

●社内の盗難事件

・「ある日出社すると、空き巣が入っていておまけに犯人が社員だった。セコムに入っているのを知らなかったらしい」(34歳/その他/その他)

・「15年ほど勤めていた男性社員が、会社の小口現金を盗んだこと」(29歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「盗難があって警察がきた。従業員しか入れないところだったから、なんかとてもいやな気持ちになった」(33歳/その他/その他)

会社で盗難事件が起こってしまうと、つい犯人探しをしたくなるもの。やじ馬根性で見学していたら、本当に社内の人間が犯人だったりすることもあるので驚きですよね。

■男性が見た職場事件

●けんかが勃発!

・「上司と先輩が口喧嘩をし始めた」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「上司がマジな口喧嘩をしていたとき」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「職場男性が入職初日から喧嘩した」(28歳/医療・福祉/専門職)

社会人の集まりである会社でも、お互いの意見の相違があると、けんかに発展してしまうことも。会社の利益を考えることより、自分の意見を通すことにムキになっているのでしょうね。

●警察沙汰が発生!

・「会社の隣のビルで警察沙汰の傷害事件が発生した」(34歳/その他/事務系専門職)

・「車の中にバタフライナイフを積んでいて警察に捕まった奴がいる」(34歳/金融・証券/営業職)

・「同僚の机の中からお金を失敬した人が警察につかまった」(32歳/その他/クリエイティブ職)

会社や周辺企業に警察がくると、それだけで事件になりますよね。警察がきた時点で、刑事事件になる可能性もあるので、ニュースで放送されることも考えられますよね。

■まとめ

男女ともに同じ意見だったのが、盗難などの警察沙汰があったということでした。仕事をする上で理想的なのは、できれば静かで落ち着いた環境ですよね。ただ、まれに驚くような事件も勃発することもあるので、そのときは冷静な対応ができるようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数200件(25~35歳の働く女性)、201件(25~35歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ