お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

奥さんが妊娠したらしてあげたいこと4つ

男性は、妊娠したパートナーにどんなことをしてあげたいと思っているのでしょうか。周囲はつい、生まれてくる赤ちゃんのことだけを考えてしまいがちですが、この時期は妊婦さんもつわりなどに苦しまされ、大変な時期。パートナーが味方になってくれることで、気持ちもだいぶ楽になりますよね。そこで今回は、男性のみなさんに「妊娠中のパートナーにしてあげたいこと」について聞いてみました。

■精神面のケア

・「出産になるまで、できる限り負担にならない程度にそばにいてあげること。彼女の不安を少しでもやわらげたいです」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

妊娠中の女性は、想像以上に自分の体が変化していくことに驚いているかもしれません。期待もありますが、不安も大きなもの。そんな中、パートナーである男性に気持ちを理解してもらえれば、うれしいにちがいないでしょう。妊娠中はいつでも完全に安心できるわけではなく、誰に何が起こっても不思議ではないのです。なかなか相談しづらい悩みを共有して、とにかくリラックスできるようにさせてあげるといいですね。

■家事をやってあげたい

・「できるだけ家事を代わりにやってあげたい」(27歳/情報・IT/技術職)

・「家事を積極的に手伝う。体がきついと思うから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「買い物などの外出はできるだけ自分がやってあげたい」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

一緒に住んでいるパートナーなら、家事分担を見直したいという男性も多いようです。妊娠は病気ではありませんが、生命に危険がおよぶこともある一大事であることに変わりはないのです。だからこそ、体に過度な負担がかかるような家事はぜひ自分が担当したいというやさしい男性たちの声が挙がりました。

■赤ちゃんのためにしたいことがいっぱい

・「お腹の子どもに話しかける」(32歳/小売店/その他)

・「名前は大事なので、名前の本を借りてきますね」(38歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「一緒の子育て。イクメン行為」(36歳/金融・証券/営業職)

妊娠が発覚すると、子どもがほしい男性は少なからず舞い上がってしまうでしょう。そして女性もそれをうれしく感じているはず。女性がだんだん母になるように、男性も徐々に父親の自覚が生まれてくるのです。マタニティライフを一緒に楽しんで、いろんなことを2人で話し合うのも貴重な時間ですね。

■お祝いのプレゼントをしたい

・「まず、お祝いの記念プレゼントをしたい。記念すべきイベントだから」(35歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

まずは、妊娠したことを喜んでパートナーにプレゼントをあげたいという男性も。彼がここまで喜んでくれたら女性としてもうれしいし、そのプレゼントは一生の宝物になりそうです。

<まとめ>

彼女や奥さんが妊娠したら、男性はいろいろなことをしてあげたいと思っているようです。ホルモンバランスの関係でイライラしてしまうこともあるかもしれませんが、男性の歩み寄りによっては家族の絆を深めるチャンスになります。こうしてお互いに母になり、父になり、家族が増える喜びを分かち合えるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月2日~2016年8月26日
調査人数:113人(22~39歳の男性)