お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

心底「私の彼じゃなくてよかった!!」と思った友だちや同僚の彼氏のうわさ・4選

友だちや同僚の彼氏の愚痴や相談事を聞いていて、心底「その人が私の彼氏じゃなくてよかった……!」と思った経験がある人もいることでしょう。世の中には、本当にどうしようもない「ダメな男」に遭遇することも……。では、女性たちはどんな彼氏のうわさを聞いて「自分の彼じゃなくてよかった!」と実際に感じたのか、詳しく聞いてみましょう。

■女性関係が……

・「彼氏がとてもモテる男性で、女性からのやっかみがひどいのを見たときは『この人の彼女じゃなくてよかった』と思った」(32歳/自動車関連/技術職)

・「女性にだらしない男性」(23歳/その他/その他)

・「交際相手以外の女性とも、平気で2人で飲みに行ってしまう男性。すぐ浮気しそう」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「浮気ばかりの彼で、性病までうつされていた友人がいた」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

モテ過ぎたり、異性との関係にルーズだったりする男性と付き合ったら、さぞや心労が絶えないでしょうね……。それだけで十分、別れる理由になります。

■彼女を大切にしない

・「性格が悪くモラハラ人間になった」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

・「DVで暴力振るう人と付き合ってる子がいて、自分のじゃなくてよかったと思う」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「彼女の悪口を言いまくる男性がいて、そんな彼氏じゃなくてよかったと思った」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「彼女を足蹴(あしげ)にするとか言う男。最低だと思った」(33歳/学校・教育関連/技術職)
物理的な暴力はもちろんのこと、精神的な暴力で振るうようなDV男とは誰しもが付き合いたいとは思わないはず。どんな理由であれ、女性に暴力を振るう男性は許せないですよね。

■束縛がキツイ

・「常に自分がどこにいるか、何をしているかを、逐一メールやLINEで連絡しないと怒ってくる束縛彼氏と付き合っている友だちがいた。上下関係ができるのはイヤなので、そんな相手は耐えられない」(24歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「束縛が強すぎる男性。飲み会にも行っちゃダメと言われるらしい」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「何をするにもくっついてくる旦那。束縛されているようでウザったいから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

愛情ゆえに束縛してしまうのかもしれませんが、相手を尊重し、自由にさせることもまた愛情です。幼稚な愛し方しかできない人とは、深い仲にはなりたくないですよね……。

■金銭感覚

・「パチンコが大好き。散財しそうなので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「ギャンブル依存性。転職を繰り返す旦那」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「金づかいが荒い人。お金に苦労しそうだから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
ギャンブルをしたり、散財癖があったりする男性とは、まず、将来のことは考えられないもの。あえてこういうタイプの男性を選ぶ人はなかなかいないでしょう。

■まとめ

彼氏自身だけではなく、「友だちの旦那さんがマザコンとまではいかないけど、お義母さんが子離れできてなくて、毎週末遊びに来て、旦那さんもそれについて何も言わないこと」(27歳/情報・IT/事務系専門職)のように彼の家族も含めて、ドン引きな行動をする場合も世の中にはあります。人の彼氏の話を聞いたら、それを反面教師にし、気になるポイントをきちんと見極めて、自分は理想的な彼氏をゲットしたいものですね……。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月16日~9月19日
調査人数:154人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]