お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

すごっ! 「この女、やるな」と思ったライバルの恋愛テク4選

ファナティック

狙っている男性に、ほかの女性が目をつけてきたら、何としても阻止したいと思うもの。恋愛バトルを勝ち抜かなければ、彼を手にいれることはできませんものね。そこで今回は、「このオンナ、やるな」と思ったライバルの恋愛テクについて、女性のみなさんに教えていただきました。

■ボディタッチが上手

・「ボディタッチがすごいこと」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ボディタッチがうまい」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「さりげなくボディタッチをしたり、電話番号をうまく聞き出す人」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

彼を振り向かせたければ、てっとり早くボディタッチで誘ってみると、その気になってくれるかも。ただ、触り方によっては、軽い女性に見られてしまうこともあるので、上級テクを身につけたいものですね。

■趣味を相手に合わせる

・「好みや趣味を相手によってコロッと変えてしまう人」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「人に合わせてコロコロ趣味が変わる」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「相手の好きな話題を研究して、話を深掘りする女性」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

好きな人と話をするときは、相手の話に合わせて会話を進めたいもの。本当は好きなものや趣味がまったくちがっていても、堂々と合わせるほうが、彼には好感を持たれそうですものね。

■声が変わる

・「好きな男性の前だと、声のトーンや行動がものすごくちがう。ここまでくると、やるな~と思う」(33歳/不動産/専門職)

・「男性の前では声質を変える」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

男性の前にいくと、いきなり声のトーンを上げる女性も少なくないですよね。バレバレであっても、男性にとってはそれほど悪い気はしないのかもしれませんね。

■ギャップを見せる

・「普段はギャルのような格好をしているけれど、料理が上手で男に尽くすギャップを見せて、意中の男性を落としている」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「ギャップの使い方が上手」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

いつもの自分とちがうギャップを上手に使いわけることで、彼の心を惹きつけられそうですよね。派手なのに、実は料理上手なんてギャップに、弱い男性も多そうですよね。

■まとめ

いくら好きな人を手に入れるためとはいえ、そこまでしたくないと思う人も多いかもしれませんね。でも恋愛は結局選ばれたもの勝ち。どんな手段を使ってでも、相手を落としたいと思う女性に「あっぱれ!」をあげたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月19日~8月24日
調査人数:102人(22歳~34歳の女性)

みんなが読んでる人気記事 婚活