お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ヘルスケア全般

ソコに器具を入れるの!? 婦人科検診に行くまで知らなかったこと4選

ファナティック

会社の健康診断などで、婦人科検診が受けている人は多いですよね。初めての婦人科検診は、いろいろと緊張するもの。そこで今回は「婦人科検診に行くまで知らなかったこと」について、働く女性のみなさんに教えてもらいました!

<婦人科検診に行くまで知らなかったこと>

■診察用の椅子が動くこと

・「産婦人科の診察椅子が自動で動く」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「自動的に足を広げさせられる椅子があること」(32歳/商社・卸/その他)

・「診察台が動くこと。初めてのとき、とてもびっくりした」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

婦人科といえば、自動で動く診察椅子が特徴ですよね。カーテンで仕切られているとはいっても、あの椅子に乗ると自動的に脚がひらくので、恥ずかしさを感じてしまいます。

■触診の痛さや器具を入れられること

・「子宮頸がんの触診があんなに痛いこと」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「触診だけじゃなくて、器具を入れられること」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「子宮がん検診がけっこう痛いこと。終わったあとちょっと血が出ること」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

子宮頸がんの検診は、触診だけではなく器具を使って細胞を取るので、痛みがともなうことも。想像していたよりも痛みがあると、初めてのときはびっくりしますよね。

■男性の医師が多いこと

・「男性の先生がいたこと」(24歳/建設・土木/その他)

・「男性医師も多いこと」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「先生が男の人っていう場合が多いこと。みんな女の先生だと思ってた」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

婦人科の医師は女性のイメージがありますが、男性の医師も多いですよね。婦人科の中にはスタッフも含めて全員女性、というところもあるので、事前に確認しておきたいポイントです。

■その他

・「妊娠していない人も行ってもいいこと」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「スカートをはいていったほうがいいこと」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「カーテンの向こうの景色が見えないので不安になってしまうこと」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

婦人科に行くと妊婦さんが多いですが、妊娠していなくても検査などで訪れる機会はあります。検診のときはスカートが便利ですよね。ただ、カーテンの向こうで何をされているのかがわからないので、不安を感じてしまいます。

<まとめ>

女性のみなさんが「婦人科検診に行くまで知らなかったこと」として、診察椅子が動くことや、触診の痛さなどがありました。婦人科検診を受けたことがある人なら、誰もが共感できるのではないでしょうか。今まで一度も婦人科検診に行ったことがないという人は、自分の健康のためにもぜひ検診を受けてみてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月16日~2016年8月22日
調査人数:112人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ