お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

うわ、クソダサッ!! デートでドン引きした彼の服装8

ファナティック

楽しみにしていた彼とのデート。それなのに私服で登場した彼の姿にがっかりしてしまった経験はありませんか? 男の魅力を半減させてしまうデートの服装を、社会人の女性に聞いてみました。

■驚愕のセンス

・「ミッキーのTシャツにピンクとも紫ともつかない色のカラーパンツ。初回と2回目全く同じ服装で現れたときは引いた」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「ラメの入ったジーパンを本当にカッコ良いと思って履いてきた事。一緒に歩くのが嫌だった。あとは80年代のように、アウターシャツなどを全てボトムスに入れて来たときは、本当に恥ずかしかった」(32歳/その他/事務系専門職)

周囲が驚くようなセンスを見せつけられても反応に困ってしまいますよね。もう少し普通の服装できないかな?と言いたくなりますが、本人は自信満々、言われてもピンと来ないに違いありません。

■そろそろ替えどきではないですか?

・「首の部分がヨレヨレになったTシャツで来たのには驚いた」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「ボロボロのデニムをはいてこられたとき」(34歳/商社・卸/事務系専門職)

毎日のように着て伸びてしまったのか、久しぶりにタンスの中から引っ張り出してきたのかはわかりませんが、明らかに着古した感がある服装では心ときめくデートはできないですよね。そろそろ新しい服を買うときではないでしょうか。

■部屋着で堂々と街中を闊歩(かっぽ)

・「全身ジャージ、足元クロックスを履いてくる人」(33歳/不動産/営業職)

・「仕事帰りにファミレスで少しだけ会うことになって、いつもと同じかと思ったら上下スエットで来た事」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

たとえ地元のファミレスでも、他人の目があることを忘れてはいけません。部屋着のままで来られたら、デートも面倒なのかな?と思ってしまうかも。相手の女性に対する誠意として、部屋着だけは避けてほしいところです。

■季節感ゼロ

・「冬なのに、自分の腕の筋肉を強調したくて、半袖を着て、風邪を引いてる姿を見たとき」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「暑い日にテーマパークへ行くときに、暑そうな革製のブーツを履いてきた」(33歳/学校・教育関連/その他)

日本には季節があって、その季節ならではのおしゃれが楽しめるというのに、なぜかあえて気候に合わない服でやってくる男性もいます。本人はよくても見ている方が不快に感じることもあるので、季節感のある服を着てほしいですね。

こちらががんばっておしゃれをして行っても、彼がこのような状態ではデート気分も盛り下がってしまいます。デートを存分に楽しむには、服装に対する気遣いも大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート)有効回答数女性203件(25歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ